既に飽和状態のコインパーキング競争

 最近あちらこちらで見るようになったコインパーキング。30分200円などの看板を見た事がある方も多いと思います。
 2007年に69万台分だったコインパーキングは2015年には118万台分までに増加。それから数年経った今ではさらに増加しているでしょう。

 これだけ急激に増えたコインパーキング。果たして儲かるビジネスなのでしょうか。
 今回も具体的な数字を調べながら検証していきたいと思います。


初期投資

 初期投資で大部分を占めるのは、土地の整備清算機フラップ板の3つです。
・アスファルト整備80-100万円
・清算機100万
・フラップ板20万×台数
で、トータルで300万円前後が初期投資の平均値になりそうです。

 もちろん、元々アスファルトの土地なら整備代はほぼ0ですし、機器を中古で揃えればもっと安く出来るでしょう。
 どの投資にも当てはまる事ですが、初期投資を削減する事で利回りが上昇しますし、失敗しても傷は浅く済みます。


維持管理費

 大規模な投資の割にかかる維持管理費は電気代の月2000-3000円程です。人件費もかかりませんし、コインランドリー投資のように光熱水道費で10万かかるという事もありません。

 さらにコインパーキングの片隅で自動販売機を設置することにより、電気代を相殺出来るくらいの収益が見込める事も多いため、多くのコインパーキングには自動販売機もセットで設置されています。


トラブルが多い

 ただし、コインパーキング経営は他の投資に比べて手間がかかる事が多いです。
 毎日ゴミ掃除をしないとすぐに汚くなってしまいますし、駐車場内での事故等の対応、料金が払えない人の対応と色々と手間がかかってしまいます。


価格競争

 さらにサービスの性質上差別化が図れない為、価格競争に陥りやすいです。
 客からすればどこに止めようと差がないため、安いところに流れてしまいます。
 また、参入障壁もアパート経営に比べれば低い為、ある日突然お隣さんがライバルになる事もあります。
 コインパーキング経営をする場合はこまめに市場調査をしないといけませんね。


10分200円と1時間1200円は違う

 勿論10分200円と1時間1200円はどちらも同じ価格になりますが、コインパーキングというのは運転手が走りながら探している為、一瞬で価格判断をしなければなりません。先の例は価格は実質同じではありますが、見る側としては違った印象を受けます。

 このような経営感覚なども必要になってくるため、思っているほどほったらかしには出来そうにないですね。


胃を痛めるくらいならFC加盟もあり

 個人的には利益が減るFC加盟はあまりおすすめしませんが、コインパーキング投資についてはFC加盟もありかなと思っています。
 一括借上げなら、売り上げに関わらず月に10万などと定額が入ってきますし、コールセンターや価格設定もあちらがやってくれるため、ほったらかし経営が出来ます。

 ただし、賃料を急に下げるような提案をされる可能性もあり、そのような時にどのように対応するか考えておかないといけませんね。