『100円』から毎月家賃収入が得られるREAT(リート)の魅力

 REATとは

 REAT(以下リート)とは不動産の投資信託の事で、投資家からお金を集めて不動産を運用し、その運用益を投資家に還元するというものです。

 普通の不動産投資となれば始めるのに1000万円規模、田舎のボロ物件でも数百万規模の投資になりますが、このリートなら楽天証券で100円から投資する事が出来ます。







分配率は90%以上

 リートには不動産投資で得られた利益の90%以上を分配金(投資家への還元金)にする事などの条件を満たすと法人税が非課税になるという特例があります。

 ですので、多くのリートは利益のほとんどを投資家に還元してくれます。

 投資信託と聞くと手数料や信託報酬がたくさん掛かるイメージがありますが、リートに関してはそれが無いのです。

 ちなみにとあるリートの信託報酬は年率0.792%です。これで様々な手間を省けるのならば格安ですよね。







手間が掛からない

 当たり前ですが不動産経営を自分で始めようと思うと、物件探しから管理会社の選定、入居者管理、修繕など多くの手間が掛かり神経も使います。

 ですが、リートであればそれらの手間が掛からず、利益だけを享受する事が出来るのです。


 また、不動産投資に付き物の空室リスクもリートなら多くの物件に分散投資されるので、1件1件の空室に一喜一憂する必要がありません。








毎月家賃収入を受け取ろう

 多くのリートは半年に一回分配金を払う仕組みになっています。例えば【1・7月】だったり【3・9月】だったり。

それらを上手に組み合わせる事で毎月分配金を受け取るように出来ます。


 下記に利回りTOP20のリートを載せます。それらの事業内容を見つつ、決算月がバラけるように買い進めれば晴れて毎月家賃収入の完成です。



 それすらも考えるのが手間な場合は、ネットではあまり評判の良くない毎月分配型のリートを買いましょう。

 毎月分配型の評判が良くないのは、他の投資信託に比べて手数料が高い事が多いからですが、例えばダイワJ-REITオープン(毎月分配型)というリートは信託報酬は先ほど挙げた0.792%です。私は優良な投資先だと考えています。







まとめ

 不動産投資と聞くと上級者向けの投資に感じてしまうかもしれませんが、リートであれば気軽に不動産投資の醍醐味を味わう事が出来ます。

 また不動産投資の入門編として始めてみて将来本格的な不動産投資を自分で行うのも面白そうです。

 いずれにせよリートは投資先としては優良なので、自身のポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿

0 コメント