唐揚げ専門店は儲かるのか?唐揚げ専門店が激増している要因とは・・・

 巷にあふれる唐揚げ専門店は儲かるのか


 タピオカブームの終焉に合わせて台頭してきた『唐揚げ専門店』2019年には853億円だった市場規模は、2020年には1050億円へと成長しており、コロナ騒動で外食産業が壊滅的なダメージを負っている中で、もの凄い成長を続けています。


 結論から申し上げると、今の唐揚げ専門店のブームには、他の商品に比べて利益を出しやすい構造だからということが一番の要因になっています。

 今回はそんな利益の出しやすい構造について解説し、実際に儲かるのかどうかについて解説します。



要因1.原価

 唐揚げの原価にかかるほとんどの費用は、勿論鶏肉代です。

 ひとえに鶏肉と言っても、若鶏なのか地鶏なのか、国産なのか海外産なのか、胸肉なのかもも肉なのか。によって多少の差はありますが、おおよそ4個で40-60円が相場のようです。

 これは、お弁当用の小さめの唐揚げの場合なので、お持ち帰りの専門店のような少し大きめの物の場合、100円くらいになるかもしれません。


 しかし、原価率30%と言われている外食産業の中で、300円で売っても原価率は約15%と他の商品と比べてかなり優位性があります。




要因2.設備投資

 唐揚げ専門店は、多くの場合、たった一つの商品を販売します。トッピングやタレでレパートリーを広げることはありますが、作り方についてはほとんど同じです。

 よって、大型設備も鶏肉を保存する冷蔵庫とフライヤーのみしかなく、中古で調達するのなら20-30万円もあれば揃えられるでしょう。

 また、その関係で必要な店舗面積もかなり狭く出来ます。

 また、自分で商売をせず人を雇う場合も、専門的な技術は必要ないため、アルバイトで十分対応出来ますし、人材を育てるのにかかる時間も費用もわずかです。




要因3.フランチャイズが不要

 フランチャイズが不要なのも、唐揚げ専門店のメリットです。

 多くの移動販売や小規模店舗には有名なFCがあり、その看板を借りた方が同業者と差別化出来るため、FCに加盟して多額のマージンを毎月払う必要があります。

 しかし、唐揚げ専門店に関しては、それほど有名な企業が無いので、自身で始めてもデメリットはありません。

 また、唐揚げという簡単に作れる商品のため、FCが持っているノウハウが必要無いことも影響します。





要因4.幅広い支持層

 唐揚げは国民的な料理です。お昼や晩ごはんのおかずにもなりますし、ビールのおつまみにも、子供のおやつや食べ歩きにも需要があります。あまり唐揚げが好きじゃないという方は聞かないですよね。

 このように様々な用途で、男女問わず幅広い年齢層に人気の商品のため、タピオカのような限定的な用途、年齢層の物に比べて、販路が多いことが大きなメリットです。




要因5.さまざまな味付け

 唐揚げには様々な味付けがあります。

 プレーン・チキン南蛮・油淋鶏・おろしポン酢・明太マヨなど、単一の商品なのに他店と差別化を図ったり、リピーターが飽きないような味付けの種類の豊富さがあります。

 また、これらは揚げた後の唐揚げにトッピングするだけなので、アルバイトでも簡単に作ることが出来ます。





結論

 『結局儲かるのか?』という質問に対する答えは『やや厳しい』と言えます。 

 確かに初期投資や原価は安いので、他の飲食店に比べるとリスクが小さいです。

 しかし、言い換えると参入障壁が低いので、既に『需要<供給』の構図になっていますし、ブームもしばらく続いており成熟期に入っているはずです。つまりいずれ終わります。

 今から参入してブームが終わる前に初期投資を回収しつつ収益を上げるには、よほど良い立地か営業力がないと厳しいでしょう。



その他の儲かるビジネスについては、こちらをご覧ください。
関連記事:『儲かるビジネス16選

コメントを投稿

0 コメント