投資はリスクが大きいのか?【結論:投資をしないこともリスクです。】

 投資をしないリスクとは?


 投資と聞くと危ないとか、リスクが大きいという印象を持つ方も多いと思います。


 しかし、実際には投資というのは正しい銘柄に正しい手法を用いて行う範囲においてはかなり安全です。


 一部の極端な投資をして破産した人たちの声が大きいので、巷では危ない印象が根付いてしまいました。




 それどころか、今の日本経済においては投資をしないことがリスクになっています。


 日本では現在、インフレが起きています。お菓子やジュースが同じ値段のまま容量が減っていることが良い例です。


 インフレが起きているということは、日本円は毎年数%ずつ価値を下げているとも言えます。


 よって、銀行にお金を預けると年0.001%の金利を受け取っている間に1〜2%くらい通貨の価値が下落しているので、損をしていることになります。


 これが投資をしないリスクです。






現代の日本の経済状況


 今の日本は、景気後退が進行している中で、インフレ(物価上昇)が起きている稀有な状況で、『スタグフレーション』という状態になっています。


 本来日本のような景気後退国では、徐々に生産力が下がっていき、給料が下がり、物の値段も下がっていく、『デフレ』の状態になるのが普通なのですが、原油価格などの輸入品の高騰や、財政政策の影響など、様々な要因が絡んでスタグフレーションになっています。


 そのような国に生活をしていると、給料が下がっていくのに、生活費や税金・保険料などが増加していき、国民全体が『貧しい』状態に陥ります。




 最初に述べたようにインフレ(物価上昇または、通貨下落)が日本には起きているので、例えば今年持っている100万円は5年後、10年後には90万円分、80万円分と価値を下げていってしまいます。


 インフレが起きている国においては、このように資産を現金で保有している場合、徐々にその価値が目減りするリスクにさらされているのです。これが私が最初に述べた『投資をしないリスク』です。


 インフレ下の国では、資産を投資に回して物価上昇率より高いリターンを得る必要があります。






日本の財政政策


 日本の中央銀行が行っている財政政策にはインフレ率の目標を2%にするという目標(インフレターゲット)があります。


 しかし、実際の日本のインフレ率はおおよそ0.5〜1.0%くらいです。


 よって、今後も物価を上昇させるために金融緩和(通貨をたくさん刷る)ことを行い、インフレターゲットの2%を目指すものと考えられます。




 一方で世界全体のインフレ率は、2021年5.9%。2022年4.9%と予測されており、毎年約5%の成長を続ける見込みです。






目標リターンはたった年利1%!!


 そうなると我々日本人は最低でも自国のインフレ率である1%以上の年利を投資で出さないと資産が目減りしてしまいます。


 しかし、ありがたいことに全世界は5%の成長を続けているため、インフレ率の低い日本に住みつつ、成長を続ける全世界に投資をすることで、日本のインフレ率以上の投資リターンを出すことは容易です。


 よって投資対象については、インフレ率の低い日本国内よりもインフレ率の高い全世界に投資をする方がリターンが高くなる可能性が高いです。





おすすめの投資対象国は?


 特に強いこだわりがなければ、世界一の経済大国であるアメリカに投資をすることが一番リターンと安全性のバランスが良いでしょう。


 今の世界では、アメリカが崩壊するときは世界が終わる時なので、そのリスクを考えるのは無意味です。


 よって、近年流行っている『アメリカ株投資』は最良の選択になる可能性が高いです。



 よくアメリカ投資全世界投資が比較されますが、この10年で見ても中国が台頭してきたくらいで、アメリカの一強体制は覆りませんでした。


 おそらくこの先10年もアジアやアフリカから新たな強国が産まれることは無いでしょう。


 よって、わざわざ低成長の国にも投資するくらいなら、アメリカに全力投資をする方がリターンが良くなると考えています。


 さらに、トルコ投資や南アフリカ投資のような、これから伸びると言われているような国への投資は、リスクが高いだけです。


 それらの国も数%は成長はするでしょうが、元々の経済規模の大きなアメリカが1%成長する方が額としては大きくなります。







コメントを投稿

0 コメント