移動販売車の定番『焼き鳥屋』は儲かるのか

 スーパーの入口によくある焼き鳥の移動販売車。タレの焼ける匂いにそそられた方も多いのではないでしょうか。
 焼き鳥の市場規模は2000億円ほどあり、日本の国民食と言っても過言ではないでしょう。
 結論から申し上げると、焼き鳥の移動販売は、儲かる可能性がある面白いビジネスです。
 今回は、そんな焼き鳥の移動販売について金銭面を中心に解説していきます。


焼き鳥移動販売の初期費用

 一番気になるのが、焼き鳥の移動販売にかかる初期費用だと思います。
 高額なのは車体の取得費用です。新車を改造する場合は、300万円。既に移動販売車として利用されていた中古車なら100万円ほどで取得できます。
 初期費用を低く抑えることがビジネスの成功率を高める重要な要素のため、心機一転新車でビジネスを始めたいと考えることもあると思いますが、中古車を購入し、外回りだけしっかりと綺麗にしておくことがよいでしょう。
 多少の内装が破損している程度のことは目をつむる方が取得費用を抑えることが出来ます。
 焼き鳥屋に必要な焼き鳥器や小型の冷蔵庫などは、合計で20-30万もあれば、揃えることができるでしょう。
 店舗型の場合、安く抑えても500-800万くらいはかかってしまいますが、移動販売ならその半額以下で始めることが出来ます。


焼き鳥の原価率

 焼き鳥の原価率は、おおよそ10〜30%くらいです。
 焼き鳥の中では、ねぎまが一番原価率が高く30%。反対に一番安い物がレバーの10%。それ以外の皮や軟骨などはだいたい20%です。
 そして、元々串に刺さっているものを仕入れるのと、自分で串打ちする場合とでは若干原価率が変わります。
 しかし、総じて特別原価が高いものや安いものは無く、飲食店の一般的な原価率である30%よりは低く抑えやすい業態です。


食品ロス

 それでも焼き鳥の移動販売には見えにくい落とし穴があります。それは食品ロスの多さです。
 街で見かける焼き鳥の移動販売車を見ていると、いつでも出来立ての焼き鳥が並んでおり、いつでも香ばしい匂いと煙が立ち込めています。
 移動販売では、繁盛感を出すためや、匂いで集客するため、注文が無くても焼き鳥を焼いていることが多いです。
 勿論、いくつかは作り置きにすることも出来ますが、そのうちの一定数は廃棄されてしまいます。
 また、肉という鮮度が重要な食品を扱うため、いくら冷凍していたとしても、長期に渡り保存することは出来ないので、商品の種類を増やしすぎると捌ききれず廃棄となることがあります。
 表面上の原価率は確かに30%以下に抑えることが出来ますが、この廃棄分も計算に入れると原価率はもう少し大きくなります。


焼き鳥屋にフランチャイズは必要?

 結論から述べると、フランチャイズは不要です。
 FCの最大のメリットは看板(知名度)が使えることです。
 コンビニなら、ポプラとセブンイレブンが隣接していた場合、多くの方が馴染みのあるセブンイレブンに入店します。
 しかし、焼き鳥の移動販売の場合、セブンイレブンほどの知名度のある企業はありませんし、そもそもスーパーの入り口で販売する場合は、そのスーパーが集客をしてくれるので、看板が必要ありません。
 スーパーに集客してもらって、焼き鳥の香りでお客の足を止めるだけでいいので、看板は何でも良いのです。
 それ以外にも、FCの魅力として、初期設備の準備や商品の仕入れ、ノウハウなどを提供してくれますが、移動販売のような小規模な形態なら自分で出来ますし、焼き鳥の仕入れは最悪スーパーでも出来ます。

焼き鳥屋の売上と利益

 利益については、おおよそ売上の50%となります。
 大雑把に売上のうち、
・原価30%
・経費20%
・利益50%となります。
 よって、月に20万円稼ぎたい場合は、多少余裕を持って月50万円の売上が必要です。
 月に25日稼働する場合、2万円/日の売上です。
 1本100円で計算すると、1日200本。1本150円なら、1日133本。
 スーパーの店先で出店する場合なら、主な販売客は主婦で、用途は晩ごはんのおかずや子供のおやつになるでしょう。
 ひとりあたりの購入量を5本/人で想定すると、30-40人/日くらいの集客が必要です。


売上を上げる焼き鳥セット

 売上を少しでも上げる工夫として、焼き鳥のセット販売をしている移動販売車もいます。
 スーパーの前で販売している場合、主婦が晩御飯のおかずに購入するケースも多いです。
 日々献立に悩んでいる主婦にとって、セット販売されている商品は頭を使わずに済むため、ありがたいのです。
 例えば、4人分で5種類ずつのセット商品の場合、20本セットで2,000〜3,000円の売上を上げる事ができます。
 晩御飯のおかずとしては少し高額のため、1日1セットでも売れれば良いでしょうが、売上の底上げには十分な効果があります。


その他の儲かるビジネスについては、『儲かるビジネス16選【コンビニ・自販機・移動販売車・トランクルームetc.】』を御覧ください。