LED電球の電気代はいくら?【結論:白熱電球から買い替えた方がお得!!】

LED電球の電気代


 LED電球は、白熱電球に比べ少ない電力で同じくらい部屋を明るくすることが出来る省エネ機器の代名詞のような照明器具です。


 LED電球の消費電力は白熱電球の約1/6で、白熱電球で60W相当のものが、LED電球なら同じ明るさを10Wほどで出すことが出来ます。


 60Wの照明を1日8時間使うと、1年で4,380円の電気代がかかりますが、10Wなら730円です。


 つまり、1年で3,650円の節約になります。


 照明は一箇所では無いはずなので、2つなら7,300円、3つなら10,950円もの節約が出来ます。 







買い替え費用

 たった3箇所の白熱電球をLED電球に変えるだけで年間1万円の節約になりますが、LED電球の購入代金はどれくらいかかるのでしょうか。


 一昔前は、かなり高額でしたが、近年では普及も進んでおり、価格も低下してきています。




 LED電球はおおよそ1つ500円で購入出来ます。


 白熱電球なら200-300円くらいで購入出来るのでLED電球の方がやや割高ですが、一般的にLED電球の寿命は10年以上、白熱電球は半年ほどと言われており、購入代金だけで見てもLED電球の方が割安と言えます。



 まとめると、電気代も1/6ほどになり、本体も長寿命の分割安なため、今白熱電球を使っている方は、その電球が壊れるのを待たなくても、LED電球に交換する方が節約になります。







その他のおすすめの家電

 その他に省エネを考えた時におすすめしたい家電を紹介します。


 説明を簡略化するために最新家電と表記していますが、最新家電は販売価格も高いため、型落ちの家電を購入する方がコストパフォーマンスが高くなります。




エアコン

 電気代が高くなる原因の一番がこのエアコンだと思います。


 電気代が多くかかるエアコンなので、省エネ家電に切り替えることで節約効果が高くなります。


 エアコンの省エネ技術は毎年進化しており、10年前のエアコンを最新エアコンに切り替えるだけで、年間2万円の節約になります。





冷蔵庫

 24時間電気を消費し続ける冷蔵庫の買い替えも節電効果が高いです。


 こちらも10年前のモデルを最新の冷蔵庫に変えると年間8千円ほどの節約効果があります。




洗濯機

 電気代も水道代も最新の洗濯機は節約効果があります。

 

 同じく10年前のモデルに比べて、最新モデルは年間8千円の節約効果があります。


コメントを投稿

0 コメント