ブラックでも持てる『ETCカード』。審査なしでも作れるETCカードについて解説!!

 審査が不要なETCカードがある

 ETCカードはほとんどの方は、契約しているクレジットカード会社が発行しているものを使用しています。

※楽天のetcカード

 例えば楽天カードを持っている方は、こちらの楽天カードのETCカードが無料で付帯しているはずです。



 しかし、なんらかの事情があってクレジットカードを作れない人もいます。


 そのような人たちは、普通ETCカードを作ることが出来ませんが、一つだけ作れるETCカードがあります。


 現状、ブラックリスト入りしている人がETCカードを作る方法は、この一つしかありません。




ETCパーソナルカード

 ETCパーソナルカードは、高速道路株式会社が発行するカードで、クレジットカードのような審査がなく、銀行口座を持っていれば作ることが出来ます。


 しかし、普通のETCカードと比べて劣っている所もあります。


ETCパーソナルカードのメリット

・審査なしで発行出来る

・盗難時のリスクが限定的

・ETC割引を利用出来る


 ETCカードを車に置いたままにしている方も多いですが、万が一盗難にあった場合でも、ETCパーソナルカードなら、限度額が数千〜数万円程度なので、大きな被害を受けることがありません。


 また、ETCパーソナルカードもETC割引が利用出来るので、深夜割引や休日割引を利用出来ます。


ETCパーソナルカードのデメリット

・年会費(¥1,257)がかかる

・デポジット制


 普通のETCは、クレジットカード会社にもよりますが、多くが年会費無料で利用出来ますが、ETCパーソナルカードの場合は、年会費1,257円がかかります。


 また、デポジット制となっており、月平均利用額の4倍を事前に預ける必要があります(最低2万円から)。


 もちろん、そのお金は解約時に返金されるものですが、2万円が拘束されてしまうので、家計の資金繰りが圧迫されるでしょう。






ETCパーソナルカードのまとめ

 ETCパーソナルカードは、クレジットカードが無くても審査不要で発行出来ます。


 そして、通常のETCカードと同じようにETC割引を利用出来ます。


 しかし、年会費がかかったり、事前に資金を預ける必要があるので、通常のETCカードに比べるとデメリットもあります。


 もし、クレジットカードが作れない状態でETCカードを作りたい場合は、『ETCパーソナルカード』を選択肢に入れてみてください。

コメントを投稿

0 コメント