無料仕入れ転売の方法

 転売をこれから始めようとした時に一番の悩みは『仕入れ』ですよね。
 転売ビジネスを始めるためには、ある程度の在庫を仕入れておく必要があるので、資金繰りが大変です。
 さらに、商材によっては仕入れ後に価格が暴落し、仕入れ値よりも安い価格で販売するリスクも考えておかなければなりません。


 もし『0円』で仕入れられる商品があれば、どちらのリスクも回避することが出来ます。
 そこでここでは、『0円』で仕入れられる商品を紹介します。

 ただし、場合によっては犯罪になるものもや倫理的に疑問のあるものもあるので、自己責任でお願いします。

1.無料サンプル・試供品

 化粧品やサプリメントによくある無料サンプルや試供品は、消耗品であるので需要が無くなることがありません。
 繰り返し購入する人も多いので、商品の回転率が高く、リピーターも付きやすい商材です。
 デパートやドラッグストアで入手する方法と、ネットや電話で直接メーカーに注文する方法があります。

2.クーポン券・割引券・引換券

 クーポン券や割引券もお金に変わります。
 一つ一つの販売額が安いので、大量に集めておき、まとめ売りするとよいでしょう。

3.自然のもの

 有名なところで、流木は形や大きさによって、高値になるものもあります。
 海岸が近いなら、流木貝殻。公園が近いなら、どんぐり松ぼっくりも集めることが面倒くさい人にとっては、お金を払ってでも欲しいものです。
 少し変わったところで、セミの抜け殻をまとめ売りするのも面白そうです。

 ただし、場合によっては窃盗罪になる可能性があるので、管理者に確認をとってから採集するとよいでしょう。 

4.アルビノ交配

 白い体色をしているアルビノ種は、かなり珍しいので、あらゆる種族が高値で取引されます。
 倫理的にどうかはおいておくと、自然界で見つけることは難しいので、大量に繁殖させて産み出す方が効率的でしょう。
 すでに繁殖の副業をしている人が、棚ぼた感覚でアルビノ交配種を狙うのが現実的ではないでしょうか。

5.チラシ・パンフレット・カタログ

 映画のパンフレットは、映画館に行けば無料で入手することが出来ますが、その映画の上映期間しかおかれないため、どうしても欲しい人はお金を払ってでも買ってくれます。
 有名人が出ているものや、『ドラえもん』のような長くシリーズ化されているものがおすすめです。
 また、スマホや家電のカタログにも有名人がイメージモデルとして使われているので、数年寝かせておくと意外な高値になるかもしれません。

6.離婚届

 離婚届けは、市役所に行けば手軽に貰うことが出来ますが、世間体を気にする方も多いですし、決して楽しいものではないので、面倒くさがってネットで購入する人も一定数います。
 最近ではネットからダウンロードすることも出来ますが、プリントする手間を考えると、有料でも購入してくれるでしょう。
 離婚届は市区町村ごとに書類が違うので、ライバルが少ないというメリットもあります。

7.話題の新聞

 歴史的な出来事が一面を飾っている新聞も高値で取引されています。
 購読されている方は、高騰しそうなものを捨てずに取っておくと思わぬお小遣いになるかもしれませんね。

8.ジモティー0円商品

 いらないものを地元の人にあげるジモティーには、廃棄に困って無料であげたい人がいます。
 送料や手間を考えて採算が取れるようなものがある場合は、積極的に交渉してみましょう。

9.レアな硬貨

 オリンピックの記念硬貨や製造量が少ない年の硬貨、製造ミスのある硬貨は、額面以上で取引されています。
 製造量が少ない年の硬貨は、貯金箱を調べてみると稀に混ざっていることがあります。

10.アルミ缶

 ホームレスの方が自転車の両脇にアルミ缶でパンパンになった袋を下げている姿を見たことがあるでしょう。
 アルミの買い取り価格は日々変動しているのですが、例えば100円/kgの場合、ゴミ袋(45L)1袋につき、300円程度の買い取り価格になります。

 ただし、地方自治体で回収しているアルミ缶は地方自治体の貴重な財源になっています。
 勝手に持ち出すことは、窃盗罪になるので、絶対に行わないでください。

11.パワーストーン

 パワーストーンは科学的根拠に乏しく、そこら辺に落ちている石をパワーストーンと言い張れば、高値で売れるかもしれません。

12.図書館の破棄本

 図書館では、定期的に本の破棄をしています。
 それらを無料で配布するイベントが行われているので、いつ行われるか確認しておくとよいでしょう。

13.懸賞品

 かつての懸賞品の応募には、はがきが必須だったため、はがき代を上回る利益を目指す必要がありましたが、現在ではネットで簡単に応募することが出来るので、コストパフォーマンスは向上したと言えます。


まとめ

 以上、0円で仕入れることが出来る商品を13個紹介しました。

 これだけで生活をしていくような金額を稼ぐことは難しいですが、転売ビジネスを始めるために練習しつつ種銭を稼ぐという考え方は十分に成り立つと考えています。