軽貨物ドライバーは稼げるのか?

 軽貨物ドライバーは、脱サラの定番の一つです。会社員に疲れた人達の多くがこの軽貨物ドライバーに転職をして、個人事業主となります。 


 軽貨物ドライバーの募集サイトを見ると、年収1000万円という景気の良い言葉も見受けられます。しかし実際の収入は、最低賃金程度で、ほとんどの人が会社員時代よりも苦しい生活になります。

 今回はそんな軽貨物ドライバーの裏側や、効率的に稼ぐ方法について解説します。


軽貨物ドライバーの月収例

 軽貨物ドライバーの収入は、荷物1つあたり130〜200円が相場です。相手企業や契約内容によって荷物1つあたりの単価が違います。また、配送する荷物の量は、1日あたり平均150個です。

 よって、平均的な1日の売上は150円×150個=22,500円

 これだけ聞くとかなり稼げるような気がしますが、ここから経費が引かれます。主な経費の一例は、
・ロイヤリティー=売上の20%
・ガソリン代=2,000円/日
・保険料=500円/日
があります。これを先程の売上22,500円から引くと、

 22,500円ー4,500円ー2,000円ー500円=15,500円

 これでもまだ高給取りのイメージがありますが、実は軽貨物ドライバー業界は長時間労働が浸透しており、途中で休憩を挟みますが、だいたい14時間くらい勤務する人が多いです。

 その場合、15,500円÷14時間=時給1,107円

 もちろん、軽貨物ドライバーは会社員ではないので、ここから税金や保険や年金を支払う必要があります。

 さらには、今回は事前に駐車場を持っている人の時給を計算しましたが、多くの人は自家用車とは別に、契約規則に沿った車の購入と、その車を停める駐車場を用意する必要があるため、時給1000円を割ってしまいます

年収1000万円は可能か?

 先程の例で1日15,500円。月25日稼働で月収387,500円。年収465万円です。

 よって、平均の2倍である1日300個の配送をしても900万円が限界です。

 おそらく実際に年収1000万円を超えているような軽貨物ドライバーは日本全国で数人程度でしょう。現実的には不可能であると考えます。


収入を増やすコツ

 軽貨物ドライバーの収入は『配送単価×配送数』です。よって、収入を増やすには、配送単価を上げるか配送数を増やすしかありません。


配送単価

 結論を申し上げると、配送単価を上げることは難しいです。

 何故なら付加価値や差別化のしにくい配送というサービスは、客目線で見ると安い業者こそ正義です。
 業者も複数の軽貨物ドライバーと契約していますが、より安いドライバーと契約をします。
 よって、どの業者と契約しても、軽貨物ドライバーはだいたい同じ金額でしか仕事を受注出来ません。

 単価を上げようとしてくる『面倒くさい』ドライバーは企業としてはリスクでしかないので、契約を切られるでしょう。

配送数

 配送単価は上げることが難しいので、ドライバーが出来る収入の上げ方はおのずと配送数を増やすことになります。

配送エリア

 配送エリアが田舎の場合、1件配送してから次の1件に向かう距離が自然と長くなります。
 反対に、都会のマンションなら、まとめて数件を回ることも可能です。

 このように配送エリアによって、捌ける量に大きな違いが出てしまうので、出来るだけ立地の良い場所を担当エリアにするように行動しましょう。

最短ルートを考える

 今抱えている荷物の配送先を把握し、パズルを組み立てるように最短ルートで回れば、自然と時間の短縮になります。
 頭を使わないドライバーは、同じ道を何度も通ることが多いです。

積み込み

 最短ルートを考えつつ、配送する荷物を車に積み込みます。
 その際に、何も考えずに積み込むと、毎回荷物を探す必要がありますが、配送ルートをイメージしながら積み込むと、手前から取っていくだけで良くなります。

 この事前準備が配送の効率化の一番の肝になるでしょう。

住人の生活リズムを把握する

 軽貨物ドライバーの一番のストレスは再配達の多さです。当たり前ですが、不在の場合は『タダ働き』になってしまうので、効率化を考えるなら再配達の量を減らす必要があります。

 例えば、一人暮らしの会社員のお宅に昼過ぎに伺った所でほぼ間違いなく不在です。
 各家庭の大まかな家族構成や在宅の時間を把握しておけば、再配達の回数を減らすことが出来るでしょう。

体調管理を徹底する

 常に動き回る軽貨物ドライバーは、体調管理も仕事の効率化に関わってきます。

 また、速歩きをするとすぐに息が切れてしまう人と、軽いランニングで1日中動き続けられる人なら、後者の方が圧倒的に配送量が多くなります。

 体調管理に合わせて体力作りも軽貨物ドライバーには不可欠です。

人あたりの良さ

 サービス業においてクレームは必ず起こります。
 クレームをその場で言われた場合は、相手の気が収まるまで時間を拘束されてしまいます。
 普段から明るい笑顔で接客をして、こちらがミスをしても笑って許してもらえるような関係を築くことも、業務の効率化に繋がります。


軽貨物ドライバーの将来性は?

 あくまで個人的な見解ですが、軽貨物ドライバーの業界全体の将来性はあると考えています。

物流はなくならない

 各業界では、日々新たな技術革新が起こっています。例えば、レンタルビデオ店は通信技術の発展により、この10年で一気に職を奪われました。新聞業界もネットニュースの普及もあり、10年後にどうなっているか分かりません。
 このように技術の発展により、衰退していく業界も多いですが、物流が無くなることはありません。さらに各家庭に一つ一つ商品を届けるという煩雑な作業は、ドローン技術がどれだけ発展してもなくならないでしょう。

コロナ禍が追い風に

 多くの業界に深刻なダメージを与えたコロナ禍ですが、軽貨物ドライバーには追い風となっています。
 外出を控えようとネットで商品を購入する人が増え、軽貨物ドライバーは人手不足に悩まされています。
 今の日本の情勢を見ると、まだしばらくこの傾向が続くことが予測出来ます。

置き配の普及

 近年急速に広まった『置き配』は、普及率が50%を超えています。
 軽貨物ドライバーにとって置き配は、再配達の必要がないので、時間あたりに配達出来る量が増えます。
 この先さらに普及率が上がり、軽貨物ドライバーの時給がさらに上がる日も遠くないかもしれません。


軽貨物ドライバーのまとめ

 軽貨物ドライバーで年収1000万円を稼ぐのはほぼ不可能でしょう。
 誰にでも出来る仕事というのは、参入障壁が低く、どうしても労働力を安く買い叩かれるからです。
 また、技術力が高まる仕事なら、就業年数に応じて給料が高くなりますが、技術の身に付かない単純作業で、かつ体力勝負のため、むしろ年数を追うごとに給料が下がる可能性もあります。

 しかし、完全に一人で何かのビジネスを始めることと比べると、急に仕事がなくなったり、ビジネスに失敗して多額の借金を抱えるようなことはありません。
 会社勤めに疲れて一人で仕事をしたい人や、短期で長時間労働に耐えガッツリ稼ぎたい場合には、この軽貨物ドライバーの仕事は選択肢としてはありなのではないでしょうか。

 その他の稼げるビジネスは、『【完全網羅】儲かるビジネス16選を具体的な数値で解説!!【保存版】』で解説しています。