カニ漁の月収は100万円以上!!

 『借金を返済出来ないとヤクザにカニ漁の船に乗せられる。』という都市伝説を聞いたことはあるでしょうか。
 それはカニ漁が儲かることと、債務者が逃げられないこと、最悪保険をかけて海へポイすることも出来るからというのが理由のようです。
 もちろん昔はどうか分かりませんが、現代でそんなことをしたら間違いなく捕まってしまうので、その心配をする必要はないでしょう。

 気になるカニ漁の月収は、『30〜40万円+出来高』となり、大漁の時は月収100万円を超えるようです。
 一部では、一ヶ月で数百万円稼いだ人もいるようで、とても夢のある仕事です。


過酷な労働条件

 月収100万円を狙えるカニ漁ですが、その労働条件はブラック企業が優しく思えるほどの過酷な労働条件です。
 まず、遠洋漁業になるので、一度船を出したら数ヶ月船の上で生活することになります。
 体調を崩しても、怪我をしても、陸に帰ることは難しいでしょう。

 さらにシーズンが限定されていることと、燃料費も高額なため、短い期間に出来るだけ多くのカニを取ることを求められます。
 1回に2時間かかる漁を1日に12回行うこともあり、合間の時間に休憩する以外は寝る間もなく働き続けます。
 過酷な肉体労働のため、よほど体が丈夫でないと一日も持たないでしょう。

 過酷な条件はさらに続きます。
 カニ漁のシーズンは真冬の11月〜3月がシーズンです。
 そして、漁場は日本海の越前地方や、北海道沖のオホーツク海です。
 冬のオホーツク海は−20度にもなり、さらに風の遮る事のない海上は、陸地と比べ物にならない暴風が吹き荒れており、体感温度−40度にもなります。

 最後に、船長を始め、乗組員全員が目の前の大金を手にするために文字通り命がけの仕事をしているので、怒号罵声が飛び交うようです。



カニ漁師になるには

カニ漁師の求人情報は、一般的に出回っていません。
 『全国漁業就業者確保育成センター』で、漁師になるための情報を入手することが出来ます。

 興味のある方は一度上記のリンクからHPをご覧になってください。
 農業と同じく、漁業も担い手が少なく常に人材を探しているため、親身に相談にのってくれます。


カニ漁に必要な資格

 カニ漁を行う際に必要な資格はありませんが、持っていると収入アップに繋がる資格が2つあります。
 船を操縦するための『小型船舶操縦士免許』と、海上で他の漁船とやり取りするための『海上特殊無線技士』の2つです。
 カニ漁に同行するだけなら無資格でも十分に稼げますが、いずれ雇われ船長になったり、自分の船を持つことを考えている場合には必須になります。

関連記事