ミニマム生活のメリット

 おそらくほとんどの方が聞いたことのある『ミニマリスト』。必要最低限のもので生活するライフスタイルを表す言葉ですが、テレビを始めとしたメディアでは極端なミニマリストが紹介されることが多く、その意味を誤解している人も多いでしょう。

 適度なミニマリストになることで、お金や時間にゆとりが持てるだけでなく、生活の質(QOL)を向上させることにも繋がります。

 今回はそんな適度なミニマリストになることのメリットと、ミニマリストになるための具体的な方法を解説します。

メリット1:お金の無駄遣いが減る

 必要最低限のもので生活をするミニマリストは余分な買い物をしません。
 一度しか着ていない服や、見栄の為の高額な車など、生活していくために不要な『贅沢品』は誰でもいくつかは持っていることでしょう。

 これらにお金を浪費しない分、ミニマリストは節約上手なことが多いです。
 ただし、車が好きで高級な車を買ったり、生活の質を上げる新型の家電を揃えることは無駄な浪費ではないので、それらを削る必要はありません。

メリット2:時間のゆとりが持てる

 ミニマリストになることで、時間の節約になります。

 用もないのに雑貨屋によってしまう時間や、部屋にものが溢れていて必要なものが見つからない時間、清掃の手間など、一つ一つの時間は小さいですが、積もり積もると大きな時間の節約になるでしょう。

メリット3:部屋の掃除が楽

 先に述べたように、部屋にものが少ないので、掃除に掛かる時間は少なくなります。
 また、手間が掛からないので、気軽に掃除をすることが出来る分、部屋を清潔なまま保つことが出来るでしょう。

メリット4:住環境が良くなる

 ものが無い分、ホコリの溜まる量が少なくなったり、空気の循環がよくなるので、部屋が汚れにくくなります。
 また、視覚的にごちゃごちゃしていると脳に負荷がかかり、落ち着かない部屋になってしまいます。

メリット5:お洒落に見える

 雑誌に乗っているオシャレな部屋は、そのコンセプトにあった雑貨こそ多いものの、洗練された印象を受けると思います。

 元々コンセプトを決めて色や形を選んだ家具を揃えている場合や無印良品だけで家具を揃えるようなことをすれば、ものが多くても統一感がありお洒落に見えますが、無計画に好きなものを揃えた空間がお洒落に見えることはありません。
 その点、必要最低限のものだけを部屋におくことで、不揃いなごちゃごちゃ感を払拭することが出来ます。

メリット6:集中力が上がる

 人の脳は、視覚83%、聴覚11%、嗅覚3.5%、触覚1.5%、味覚は1%の割合で情報を得ています。
 部屋が汚れていると、全体の80%以上の刺激を与える視覚から余分な情報を受け続けてしまうので、仕事や勉強の効率が下がります。

メリット7:リラックス出来る

 同じく、寝室や書斎に余分なものを置かない場合、資格情報が減少するので、リラックス効果が高まります。


ミニマム生活を始める方法

 ミニマム生活の効果を知り、『今日から始めてみよう!!』と思い立った方々のために、ミニマム生活を始める際のコツを8つに分けて解説します。
 上から順に行っていくことで、最終的にお洒落な生活空間が出来上がることでしょう。

コツ1:壁にものを掛けない

 壁掛け時計、写真や絵、コルクボード、ハンガーラックなど、収納やお洒落のために壁にものを掛けている人も多いでしょう。
 どのようなレイアウトでも、床付近に多くのものを置くことになるので、その分部屋上部の空間にはものを置かないようにしましょう。
 そうすることで部屋が広く感じるようになります。

コツ2:床にものを置かない

 机や椅子、タンスや扇風機など、家具家電を置くことは生活をしていく上で必要ですが、カバンや服、買い物袋などを床に置かないようにしましょう。
 カバンは押入れへ、脱いだ服は洗濯機へと毎日使うものは置き場所をしっかりと決めておきましょう。

コツ3:一時もの置き場を作る

 床にものを置かない方法として、一時もの置き場を作ることも有効です。 
 『コツ2』でカバンや服のような毎日使うものは片付けることが出来ますが、大きな買い物をしたり、仕事で使うものを持ち帰ったりと例外なものを部屋に上げることもあるでしょう。
 そのような置き場所が決まっていないものを置くための『一時もの置き場』を作っておくと気が付いたら床がものだらけになっていることを防げます。

コツ4:使わないものは捨てる

 一年着ていない服や、押入れに年中閉まってある家電など、使わないものはどんどん捨ててしまいましょう。
 捨てることがもったいないと感じる方もいるでしょうが、使わないものを置くためだけのスペースに家賃を払っている方がもったいないです。

 ネットの発達した現代では、ネットと郵送だけで完結する『不用品買い取り業者』もたくさんあります。

コツ5:週に一度部屋を片付ける習慣をつける

 普段から部屋にものを置かないように過ごしていても、どうしてもサボってしまったり、捨て方の分からないものが増えたりするでしょう。
 一週間に一回、それらを片付けたり捨てたりする日を設けましょう。

 やり始めるまでが面倒くさいですが、綺麗になった部屋を見ると達成感と開放感を味わえますね。

コツ6:収納スペースにゆとりを持たせる

 新しい服を買ったり、すぐに使わない日用品を買うこともあるでしょう。
 部屋の収納にゆとりを持っておくと、ものが増えた時にも余裕を持って収納することが出来ます。

コツ7:まとめ買いをしない

 冷凍食品や消耗品はまとめ買いすると安くなります。

 しかし、消費するまでずっと収納スペースを圧迫することになるので、過度なまとめ買いはしない方が良いです。

コツ8:家族で協力する

 最後に、ミニマム生活で一番難しいのが、同居人との意思疎通です。

 自分が不要なものを持たないようにしていても、相手が物欲主義なら部屋はもので溢れるでしょう。
 また、ミニマム生活をしたいからと、自分の意志を相手に押し付けるようでは、長続きしません。

 家族全員とよく話し合って、意思を統一しておくことが出来れば、お互いにストレスのないミニマム生活が出来るでしょう。


こだわりの物にはお金をかける

 ミニマム生活は、お金や時間の節約になるので、多くの人にとっては生活の質を上げるライフスタイルになります。
 しかし一方で、ものにお金を掛けなくなると生活が貧相になり、むしろ生活の質を下げる可能性もあります。

 すべてのものを過度に断捨離するのではなく、節約したお金の一部を本当に自分が欲しいものに使うことも大切です。
 高級品は使い心地もよく、長持ちもするため、むしろ節約になるかもしれません。

 ぜひ生活の質を上げる『ミニマム生活』を始めてみてください。

 節約の方法は『社会人が今すぐ出来る『節約』のコツ10選!!』でも解説しています。