メキシコペソは危険?


 メキシコペソはハイリスクな通貨です。

 高金利通貨は、先進国通貨に比べれば値動きは荒く、簡単に相場が半値になったり2倍になったりする通貨です。


 しかし、適切なリスク管理が出来れば、それほど危険なものではありません。

 多くの人は、適切なリスク管理を知らず、米ドルと同じような感覚で投資をしてしまうので、高金利通貨投資で失敗をしているのです。
 

 この記事では、メキシコペソの危険性とリスク軽減のコツについて解説します。

 最後まで見ると、メキシコペソ投資を安全に行うことが出来るようになります。メキシコペソ投資を考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。



メキシコペソの危険性

メキシコペソの危険性1:アメリカ頼りの経済

 良くも悪くも隣国に世界一の経済大国アメリカがあるので、アメリカ依存の経済基盤が出来上がっています。

 輸入の約5割、輸出の約8割がアメリカ相手であり、もし今アメリカとの関係を切られた場合、間違いなく国内経済が崩壊します。

 ありがたいことに現状は、アメリカ・メキシコ・カナダの3カ国で経済協定を結んでいるほどには良好な関係が続いていますが、メキシコが接する南米にはアメリカと距離を置いている国もあるため、それらの国と協力して反アメリカを掲げる大統領が誕生しても不思議ではありません。


 また、アメリカ経済が不景気になると、経済規模の小さなメキシコはその影響をアメリカ本国より大きく受けることも見逃せないリスクです。


メキシコペソの危険性2:資源国通貨

 メキシコは世界有数の石油産出国です。


 石油を輸出出来るメリットもありますが、世界的に経済が停滞すると、石油の輸出量が減ることが予測され、自国通貨が下落するという爆弾を抱えています。


 過去の値動きを見ても、直接メキシコに関係のないような経済ニュースでも、世界経済にとってマイナスのニュースの場合は、メキシコペソ相場が下落することが多いです。



メキシコペソの危険性3:犯罪大国

 メキシコは世界有数の治安の悪い国です。

 中でも麻薬カルテルは世界一の規模を誇り、最大組織の構成員は6万人以上とされています。

 暴力団山口組ですらその構成員は約8,000人なので、その規模の大きさに驚かされます。

 また年間の殺人事件の件数が3万件以上で推移しており、日本の殺人件数が1,000件未満であることと比較するといかに危険な国なのかが分かります。


 これだけ治安が悪いと健全な経済活動をすることも難しくなります。

 例えば、日本で人通りの無い夜道に自動販売機が置いてあっても誰も自販機を破壊して釣り銭を盗まないでしょう。これがメキシコなら、おそらく数日で破壊されます。

 このように高すぎる犯罪率は、国内経済にとってマイナス要因です。



メキシコペソ投資におけるリスク軽減のコツ

リスク軽減のコツ1:レバレッジ

 メキシコペソは、先進国通貨に比べて為替相場の変動が大きいです。

 よって、米ドルやユーロと同じようなレバレッジを掛けてポジションを持ってしまうと、高リスクになってしまいます。

 メキシコペソのポジションを持つ場合、長期投資ならレバレッジ3倍以内、短期売買でもレバレッジ10倍以内で取引するようにしましょう。


リスク軽減のコツ2:安い時に買う

 FXは2国間の通貨の強弱によって相場が決まります。

 よって、下落し続けたり、上昇し続けたりすることは稀で、長期的に見れば波を描くように上下動を繰り返します。

 上昇しているチャートを見て飛びつくように購入するよりも、下落するのを待ち、安い時に仕込むようにポジションを持つ方がリスクを軽減出来ます。


 メキシコペソ/円の最安値は、2020年記録した1ペソ4.2円です。

 もし、1ペソ6円でメキシコペソを買ってしまうと、最安値まで1.8円の下落を見越す必要がありますが、1ペソ5円で仕込めれば、0.8円の下落を見込んでおくだけでよくなります。


 このように出来るだけ安くなるまで待ち、平均取得単価を下げることで、同じポジション量でもリスクを軽減することが出来ます。


リスク軽減のコツ3:長期保有

 レバレッジ3倍以内で、安い時にポジションを仕込めたら、あとは長期保有を目指します。

 1ヶ月程度の短期的に見れば、下落して含み損を抱えることも多いでしょうが、長期的に半年1年と保有していくうちにスワップポイントが積み上がり、同じ為替相場でも含み益になっています。

 短期的に売買を繰り返して利益を積み上げる方法もありますが、ある程度メキシコペソの値動きに慣れる必要もあるため、まずは一度保有したポジションは数年寝かせるような心持ちでメキシコペソを保有し続けましょう。


リスク軽減のコツ4:分散投資は要注意!!

 リスク軽減の王道として分散投資があります。ここで気を付けておきたいのは、高金利通貨同士の分散投資はあまり意味がないことです。


 高金利通貨は、それぞれの国の経済状況によっても為替相場が動きますが、世界的なニュースやトレンドに対しては同じような値動きをします。

 株式で例えると、Docomo とau とSoftBank に分散投資をしているのと同じです。



まとめ:メキシコペソ投資はリスクに備えれば危険ではない

 メキシコペソは、米ドルやユーロのような先進国通貨と比べると確かにリスクは大きく危ない通貨です。しかし、その危険性を知り適切なリスク管理を行えば、それほど危険な通貨ではありません。


 ここで紹介したリスクを抑えるコツを上手く利用し、安定的に高金利通貨の旨味を享受してください。


 その他のスワップポイント投資に関する記事を『スワップポイント投資のコツ11選』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。