南アフリカランド投資はハイリスク?


 南アフリカランドは、高金利通貨として日本の個人投資家にも人気の通貨です。

 なぜ、南アフリカの金利は高いのでしょうか。それは、南アフリカ経済に問題があり、金利を高くしないと資金が集まらないからです。

 実際にネットで南アフリカランドを調べると、『やばい』とか『危険』というワードが散見されます。


 確かに南アフリカランドは危険な通貨ですが、その危険と言われている原因を知り正しい準備と対処が出来れば危険性を下げることは出来ます。


 そこでこの記事では、南アフリカランド投資の7つのリスクを項目に分けて解説を行います。

 最後まで読めば、安心して南アフリカランド投資を行えるようになります。



南アフリカランド投資の7つのリスク


リスク1:モノカルチャー経済

 南アフリカの主要農作物は、さとうきび、とうもろこし、小麦、ひまわりの種です。

 一見すると様々な農作物を育てているように感じますが生産量を見ると、

1位 さとうきび 1,948万トン
2位 とうもろこし 1,128万トン
3位 小麦 154万トン
4位 ひまわりの種 75万トン
となっています。


 第3位の小麦ですら、1位と2位の1/10ほどの生産量しかなく、ほとんどの農家がさとうきびかとうもろこしを育てていることが分かります。


 このような偏った生産をしている状態で、世界的にとうもろこしが豊作となり価格が暴落してしまったり、国内でさとうきびが死滅する疫病が流行ったりしたら、どれほどの餓死者や生活困難者が生まれるか見当も付きません。

 このように特定の産物に偏るモノカルチャー経済は、特定の現象に弱いという経済的な弱点があります。


リスク2:エイズ感染者

 南アフリカは、エイズの感染者数が世界で一番多い国です。

 国内人口の約20%がエイズ感染者だと言われています。


 これは、感染した人が悪意を持って人を襲い感染させたり、地元に根付いている『病は相手に移せば治る』といった呪術的な教えにより感染させてしまったり、様々な要因があります。


 エイズは発症してしまえば、数年で死亡してしまう病であるため、働き盛りの労働力が失われる点で経済的にもマイナスです。


リスク3:教育レベル

 日本にいると、90%以上の人は最低でも高校まで勉強をします。これにより、日本人のほぼ全員が文字を読み、会話をし、簡単な計算を行えます。

 今では、南アフリカでも教育が浸透し、識字率も90%を超えてきましたが、かつての黒人差別政策『アパルトヘイト』により、今も中年層を中心に言葉を満足に使えない人たちがいます。

 もちろん、彼らが出来る仕事は単純作業で所得の低いものになります。


リスク理由4:失業率

 南アフリカの失業率は約30%と世界でもワーストクラスの高さです。

 コロナショック前は、20%後半で推移していましたが、ここ数年は30%中盤で高止まりしています。

 日本の場合、失業者への手当がそれなりに整っているため、失業しても生活をしていくことは出来ますが、南アフリカの国力でそれを行うことは不可能です。

 先に述べた教育レベルの低さにより、新たな産業を興せる人材が少ないのも要因でしょう。


リスク5:高い犯罪率

 失業した人が生きるためには、略奪や強盗をするしかありません。

 南アフリカでは、失業により収入を失った人たちが、鉄道の電線やケーブルを奪い、鉄道が運休に追い込まれる事態にもなっています。

 それによりさらに経済が滞り、余計に失業者が増えることは想像に難くありません。


リスク6:電力不足

 南アフリカでは、度々電力不足による停電が起きています。

 停電してしまえば、労働者は仕事が出来なくなってしまうので、働きたくても働けない人が生まれてしまいます。

 主な要因として、発電量の80%以上を石炭に頼っており、政府は2030年までにこの比率を40%ほどに減らしたいようです。


リスク7:ストライキ

 南アフリカでは、年に数回大規模なストライキが起こります。

 ストライキ自体は労働者が権利を主張するために必要なものですが、もちろんその間経済が停滞してしまいます。


 時期によっては、停電とストライキが重なり、満足に仕事が出来ないということもあります。


南アフリカランド投資のメリット


メリット1:為替相場が安定的

 南アフリカのような高金利通貨は、慢性的な為替相場の下落圧力がかかります。

 これは南アフリカランドだけの現象ではなく、トルコリラやメキシコペソなどすべての高金利通貨が背負っている特徴です。


 南アフリカランドは、こうした高金利通貨特融の継続的な下落相場を形成していますが、トルコリラと比べるとその値下がり率は緩やかです。

 現状の緩やかな下落をしている限りは、南アフリカランドを保有すると通貨価値の下落分よりも受け取れる金利収入の方が大きくなるので、投資対象として適しています。


メリット2:政策金利が安定的

 FXで長期的にスワップポイント投資をするためには、常に政策金利が高い状態を維持している通貨を選ばなければなりません。

 南アフリカの政策金利はおおむね5%程度で推移しており、過去20年で最も低い政策金利でも3.5%です。


 このように、南アフリカランドの政策金利はかなり高水準で安定的に推移しているので、スワップポイント狙いの長期投資には最適です。


メリット3:唯一のアフリカ大陸通貨

 数あるFXで取引可能な通貨の中で、ほぼ唯一のアフリカ大陸通貨が南アフリカランドです。

 これから発展すると言われているアフリカ大陸へ投資する方法は限られており、FXで南アフリカランドを保有するのはそのうちの一つの手段となりえます。

 現在のアフリカ大陸の総人口は14億人ですが、2050年には24億人以上になると予測されており、世界の総人口の1/4を占めると言われています。

 当然、人口が増えれば経済も発展していくので、今から南アフリカランドを保有しておくのは有効です。



安全に南アフリカランド投資を行うには


 南アフリカ経済は、経済・医療・教育など社会問題が山積みで、投資対象としてややハイリスクです。

 よって、長期投資の適正と言われるレバレッジ3倍以内を必ず守るようにしましょう。


 それでもロスカットをする可能性もあるので、さらに安全に投資をしたい時にはレバレッジを2倍や1倍まで下げておけば、ほぼロスカットになることはないでしょう。


 また、過去の値動きを見つつ極力最安値に近い位置でポジションを持てれば、さらにリスクを下げることも可能です。

 もし、現在の為替相場が直近の中でも高値の方に位置しているなら、下落するまで待ってから購入すると良いでしょう。

 ありがたいことに世界中の株価や高金利通貨の為替が暴落する規模のネガティブなニュースは、年に数回必ず起こります。



スワップポイント生活に必要な資金は?


 南アフリカランドに投資をする人の目標の一つに『南アフリカランドから得られるスワップポイントだけで生活をする』ことがあります。

 南アフリカランドをレバレッジ3倍で保有して毎月20万円を得るのに必要な資金はおよそ1340万円です。


 これはレバレッジ3倍の場合なので、レバレッジ4倍5倍と高めていけばもっと少ない資金でもスワップポイント生活出来そうです。

 しかし、南アフリカランドのようなハイリスクな通貨でレバレッジ3倍以上はリスクが高く、数年でロスカットになるでしょう。

 南アフリカランドでスワップポイント生活をするには、いかに欲に負けずにレバレッジを高くし過ぎないかが重要です。




南アフリカランドの金利が高い理由


 南アフリカランドの金利が高い理由は、インフレ率が高いからです。


 物価上昇率とも言われるインフレ率は、年間でどれくらい物の値段が上がったのかを示す数値です。

 世界全体のインフレ率が年間2%なのに対して、南アフリカのような経済発展中の国のインフレ率は5~10%ほどにもなります。

 適度なインフレは国内経済発展に不可欠ですが、極端なインフレは物の値段が上がりすぎて国民生活に支障が出ます。

 そこで南アフリカ中央銀行は、政策金利を高くして借金やローンを借りにくくし、景気の過熱を防いでいます。


 つまり、南アフリカ経済が発展してインフレ率が高止まりしている限り、南アフリカは高金利政策を取り続けることになるでしょう。




南アフリカランドが上がる要因


上がる要因1:世界経済が好調

 世界経済が好調なら、南アフリカランドは上昇します。

 南アフリカランドはリスク資産に属しているので、世界経済が好調でリスクオンムードになると買われるようになります。


 世界経済が不調になりリスクオフムードになると、南アフリカの経済状況に関わらず売られやすくなります。


上がる要因2:金・プラチナ価格の上昇

 南アフリカは、金(ゴールド)や白金(プラチナ)の産出国です。

 金は世界8位、白金に関しては世界に流通している白金のうち75%が南アフリカ産です。


 これら希少金属の価格が上昇すると、輸出の際に南アフリカが儲かることになるので、それを期待して南アフリカランドが買われやすくなります。


上がる要因3:南アフリカの経済指標が好調

 南アフリカの経済指標が好調なら、当然南アフリカランドが上昇します。

 高金利通貨国なので、政策金利の発表時には毎回大きな値動きを起こします。

 また、失業率やインフレ率も重要な指標として毎回注目されています。


上がる要因4:中国経済が好調

 南アフリカは中国と非常に繋がりの強い国です。

 南アフリカにとって、輸入相手も輸出相手も13年連続で中国がトップです。

 また、中国国家主席の南アフリカ訪問やインフラ事業への参入など、政治的にも経済的にも中国との関係を深めています。


 南アフリカと中国では経済規模が50倍も差があるので、中国経済が好調になりその富の一部が南アフリカに向くだけでも南アフリカには多大な影響を及ぼします。


上がる要因5:政策金利の引き上げ

 南アフリカの政策金利が引き上げられると、南アフリカランド相場は上昇します。

 これは、政策金利が引き上げられることで、高金利通貨としての魅力がさらに増すからです。

 為替相場は、買いたいと思う人が多い通貨ほど上昇しやすい特徴があるので、政策金利の引き上げは為替相場上昇に強く影響を与えてくれます。


上がる要因6:先進国の政策金利の引き下げ

 南アフリカの政策金利が上がらなくても、先進国の政策金利が軒並み下がっていることで、相対的に南アフリカの政策金利が高く見えるときがあります。

 政策金利の上昇や下落は世界各国で同じような動きをすることも多く、景気後退局面で各国が一斉に利下げを行う姿を見たことがあるでしょう。

 そのようなときに、南アフリカだけが利下げを行わなければ、金利の高い南アフリカに資金が集まるようになります。





南アフリカランドの今後


 南アフリカランドの今後を正確に言い当てることは誰にも出来ません。

 それでも過去のチャートを見ると、これから先も緩やかな下落を続けることが予測出来ます。


 南アフリカのような経済成長が盛んな国では、どうしてもインフレ率が高くなるので、通貨の価値がどんどん下がるのが普通です。

 それでも、それ以上の政策金利の高さがあるので、保有しているだけで資産を増やせる通貨であることは間違いありません。




まとめ:南アフリカ経済はややリスクが高い


 南アフリカ経済は、7つの問題点を抱えており、日本のような大国と比べると、薄氷の上に立っているような状態です。

 現在、各問題の改善が進んでいますが、教育や医療に関しては、数十年経って効果が現れるものなので、まだまだ解決には至っていません。

 それでもこれから先、アフリカ大陸全体が発展し、国が豊かになっていけば、ますます改善が加速するはずです。

 もし、アフリカ大陸が発展する未来を予想している方は、南アフリカランドを購入しておくと将来大きな果実を実らせるかもしれません。

 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。