いつもガラガラなのに潰れない花屋


 日本には、外国に比べて花を買う文化がありません。

 実際に、日本人の年間の花にかける費用は、先進国中で最下位レベルの約9,000円。

 1位のノルウェーの39,000円やデンマークの26,000円と比べると、所得の多い日本人がいかに花にお金をかけていないかが分かります。


 街角の花屋を見ていても、常に客足がゼロか良くても一人二人ちらほらと見かける程度です。

 花の定価は、1本150円程度。毎日100本売っても生活をしていくことは難しいでしょう。

 それではなぜ、花屋は潰れないのでしょうか。

 この記事でそのカラクリを解説します。



花屋の原価はいくら?


花屋の原価率は50%

 花屋では1本100~200円で花が売られています。

 贈り物の定番であるバラは1本300~500円とやや割高ですが、母の日に送るカーネーションやチューリップ、ガーベラなどほとんどの花は300円以下で買えます。


 花屋の原価率はおよそ50%で、例えば定価200円のカーネーションの原価は100円です。

 花の原価率は、雑貨などに比べるとやや低めに設定されています。

 その理由は、花屋は廃棄ロスが多くなりやすいことと、卸市場までの買付をする手間がかかることがあります。


花屋の廃棄ロスは多い

 花の寿命はおそよ1週間から10日です。

 よって、仕入れてから数日で売りきらないと廃棄しなくてはなりません。

 また、通りから見えるディスプレイに集客用の花も飾らないといけないので、廃棄する花の量はさらに増えます。


花屋の仕入れはコスト高

 個人商店の花屋の仕入れ先は、3つあります。

・生産者との直接契約
・卸売市場からの仕入れ
・仲介業者からの仕入れ

 この中でもほとんどの個人商店は仲介業者からの仕入れを行っています。

 卸売市場から直接仕入れる方が安上がりになりますが、卸売市場は100本単位での売買になるため、個人商店では捌ききれません。

 割高でも10本単位で仕入れられる仲介業者から仕入れるのが一般的です。



花屋の儲けのカラクリ


 店頭で1本1本売っていては儲からない花屋は、その他の部分から収入を得ています。

結婚式場と提携

 結婚式の花代にかける費用の相場は17.3万円です。

 そこから式場側のマージンも引かれますが、1件の契約で10万円以上の売り上げになるでしょう。

 ただし、ブーケなど制作に数時間かかるような物も含まれるので、人件費を考えればそれほどオイシイ仕事ではないかもしれません。


葬式屋と提携

 葬式には『供花』という亡くなった方へ花を贈る風習があります。

 供花1基あたり平均2万円ほどで、2基1対で4万円になります。


フラワーアレンジメント

 多くの花屋では、フラワーアレンジメントで売り上げを伸ばす工夫をしています。

 フラワーアレンジメントなら、一度に数十本の花を売ることになりますし、技術料を上乗せできるので、かなりオイシイ商品です。

 近年ではハーバリウムというガラス瓶にドライフラワーと保存用のオイルを入れた商品も室内のインテリアとして人気です。


儲かる花屋の条件


1Fに出店

 ビルの2Fにある花屋を見たことはないと思います。

 花のビジュアルによる集客効果を狙うなら1Fに出店することが重要です。



歓楽街に出店

 キャバクラやホストクラブでは、キャストの誕生日に客がスタンド花を送ります。

 スタンド花の販売価格は、1基1~3万円です。

 キャバクラやホストクラブ1店舗の平均在籍者数は20人程なので、毎月1,2件は誕生日イベントが行われます。

 1回の誕生日につき5基のスタンド花が売れると仮定すると、年間で100基(100~300万円)の売り上げが見込めます。



まとめ:花屋は技術料で稼ぐ


 花屋は、1本ずつ売ってもほとんど利益が残りません。

 フラワーアレンジメントやスタンド花のように、ひと手間加えて技術料を上乗せ出来る商品をいかに売るかが重要です。

 そのためにも、日々技術を磨いたり、ハーバリウムのような新しい商材の研究も怠らないようにしておくべきでしょう。


 その他の儲かるビジネスについては、『【完全網羅】儲かるビジネス21選を具体的な数値で解説!!【保存版】』で解説しています。