メロン農家は儲かる


 メロン農家は、メロンという高単価の商品を生産するので稼げます


 平均年収は300万円ほどとそれほど高額には見えませんが、高級メロンを生産している農家なら年収1000万円を超えています。

 しかし、栽培が難しく高額なメロンを作れる農家はほんの一握りです。


 この記事ではそんなメロン農家の年収や初期費用、メリット・デメリット、さらに稼ぐコツを解説します。



メロン農家の年収


 メロン農家の平均年収は300万円です。

 しかし、一部の高給メロンを栽培している農家の年収は1000万円を超えており、やり方次第で大きく年収が変わる作物であると言えるでしょう。


 また、メロン農家は時給換算にすると1,300円で、これは他の農作物に比べてかなり高いです。

 メロン栽培はそれほど手間がかからないので、空いた時間に他の作物を栽培して収入をアップさせる戦略もあります。



メロン農家の初期費用


 メロン農家の初期費用は、施設栽培なので500~1000万円です。

 気温の変化に弱いメロンを上質に育てるためには、露地栽培ではなく施設栽培の方が良いです。

 施設栽培には、ハウス建設の費用や暖房代など多くの費用がかかりますが、しっかりと栽培すればそれ以上の利益が狙えます。



メロン農家のメリット


メリット1:高単価

 メロンと言えば、高級果物の代名詞になっています。

 1玉150円の『キャベツ』と1玉1,500円のメロンを比べてメロンの方が10倍手間がかかることはないので、自然と労働生産性が高くなりやすいのがメロン農家のメリットです。


メリット2:収穫までが早い

 メロンは、種蒔きからわずか60日で収穫まで行えます。


 果物の中でも木になる『りんご』や『もも』は、種蒔きから収穫まで数年の歳月が必要です。

 メロンなら就農初年度から収入を得られるので、『りんご』や『もも』よりも経営が簡単です。


メリット3:時給が高い

 時給が低くなりがちな果物農業の中で、メロン農業の時給は1,300円と高めです。

 比較として、果樹農家の中でも時給が低めな『梨農業』や『ぶどう農業』の時給は800円を割っています。


 これだけ労働生産性が高ければ、仮にアルバイトを雇って大規模に経営するとしても、十分に人件費を払えるでしょう。


メリット4:所得率

 果物農業は所得率が高めです。

 露地栽培でメロンを育てる場合の所得率は52%とかなり高いです。

 施設栽培でも所得率は45%もあります。


 『他の作物』での施設栽培の所得率は1桁%になることも珍しくなく、メロン農業の所得率45%は破格の数値です。


メリット5:贈答品としての人気

 高級果物の代名詞ともなっているメロンは、贈答品としても定番です。

 当然、市販のスーパーで売られているようなメロンよりさらに高品質なメロンでないと贈答品になりませんし、少し傷が入っただけでも贈答用には使えなくなります。


 贈答用に選ばれるような高品質なメロンをコンスタントに作れるようになれば、年収1000万円以上を目指すことも可能です。


メリット6:需要

 メロンが広く日本に普及したのは、意外にも大正時代に入ってからで、日本におけるメロンの歴史は浅いです。

 しかし、その後急速に日本中に広まり、現在では国内の果物消費量ランキングで上位にランクインするほどになりました。


 やはり、需要と供給が多い作物の方が、価格が安定的になり経営も簡単です。


メロン農家のデメリット


デメリット1:栽培が難しい

 メロンは湿度の変化に弱い果物です。

 それ以外にも気温や与える水分の量などをかなり繊細に調整する必要があります。


 贈答品としても人気のあるメロンは、ちょっと傷が付いただけでも商品価値を大きく損なってしまいます。

 しかし、その分だけ農家の技術力により品質が大きく変わってくるので、質の良いメロンを量産出来るようになれば収入は大きく跳ね上がる面白さもあります。


デメリット2:機械化が進んでいない

 メロンは機械化が難しく、現在でも手作業が中心になっています。

 地面付近に出来る1.5~2.0kgの大きなメロンを一日中収穫を続けると考えると、かなりの重労働なのは容易に想像が付きます。


 反対に、古くから日本に根付いている『稲作農業』は既に機械化が進んでおり、土作りから収穫までコンバインなどで機械化されています。



メロン農家経営のコツ


コツ1:ブランド化

 他の農業ではあまり旨味のないブランド化ですが、メロンにおいては収入を左右する重要な要素になります。


 2019年には、北海道の"夕張メロン"が2玉500万円で競り落とされたことが話題になりました。

 もちろんそのような例は稀ですが、"マスクメロン"や"夕張メロン"のようなブランドメロンなら、安くても1玉5000円以上はするので大きく稼げるようになるでしょう。


コツ2:ネット販売

 農業で独自の販路を作ることは手間が増えるのでおすすめしていません。

 しかし、高単価のメロン農家なら手間をかけてネット販売をすることで手間以上の収入アップに繋がります。


 就農一年目からあれこれ手を出すと一番重要なメロン作りがおろそかになってしまうので、2年目3年目に余裕が持てるようになってからネット販売を始めると良いでしょう。


コツ3:メロンの名産地

 メロンが盛んに作られている地域はこのようになっています。


都道府県別メロンの生産量
1位:茨城県(23%)
2位:熊本県(17%)
3位:北海道(15%)
4位:山形県(7.2%)
5位:青森県(7.0%)


 意外なことに"夕張メロン"で有名な北海道は3位で、茨城県や熊本県でも盛んに作られていることが分かります。

 これらの地域では、メロンの出荷体制が整っていたり、先輩メロン農家から技術を盗むことも出来るので、本気でメロン農家になろうと考えているのなら、これら三県に移住することをおすすめします。


コツ4:果物狩り

 果物狩りは、日本ならではのアクティビティで、メロンにもメロン狩りがあります。

 メロン狩りのルールや料金体系は、『メロン狩り+食べ放題(30分) 3,500円』のようなものが一般的です。

 JAにメロンを出荷しても1玉当たり500~1,000円くらいにしかならないので、単純計算でメロン狩りの方が2~3倍も売り上げが高くなります。


コツ5:販路

 メロンは高単価で取引されており、特に高品質な贈答用になると1玉3,000~5,000円で販売されています。

 これだけ高額で売れるのなら、ネットで直接消費者へ売っても送料分以上に儲けが出るでしょう。

 また、畑の隣に直売所を作って販売しても、アルバイトの人件費を払えるでしょう。


 このようにメロンは高単価なので、素直にJAに卸すだけでなくネット販売や直売所など様々な選択肢が取れるのも大きなメリットです。



まとめ:メロン農家は高単価で稼げる


 メロン栽培は、気温や湿度などの細かな調整が常に求められる繊細な農業ですが、繊細な調整を続けて上質なメロンを作れば1玉1万円以上で売れることもあります。

 まるで研究者のように一つの物事に熱中しやすい人にはメロン農家として高級メロンで大金を稼ぐのがおすすめです。


 当サイトでは、『他の農業』も多数紹介しています。是非、御覧ください。