カレー屋の開業は儲かる


 カレー屋は儲かりやすい飲食店の一つです。

 高い回転率テイクアウト需要など、カレー屋は儲けやすい条件を備えています。


 一方で、客単価が低いことと、匂いが強いことがデメリットとして上げられます。


 この記事では、カレー屋の開業が儲かるのか年収や初期費用などを解説します。



カレー屋開業の年収


 カレー屋を経営している人の平均年収は450万円です。

 しかし、その影には2~3年で廃業しているカレー屋が多いのも事実です。


 一般に、飲食店の廃業率は、5年で80%10年で90%と言われています。

 単年で大きな利益を残すことよりも、5年10年と続けて経営していけることが重要です。



カレー屋開業の初期費用


 カレー屋を開業するために必要な資金はおおよそ1000万円が相場です。

 主な金額はこちらの通りです。


カレー屋の初期費用
・物件取得費(家賃の10ヶ月分)250~350万円
・改装費 400~600万円
・厨房設備費 100万円
・その他備品費 200万円
・合計 850~1250万円


 インドの家庭料理でもあるカレーは、一般家庭の台所でも作れるような料理なので、大型設備が必要なく少資本で始めやすいです。

 その他にも最初の1年は赤字でも生活できるだけの生活費も必要になるでしょう。



カレー屋開業のメリット


メリット1:回転率が高い

 カレー屋は飲食店の中でも1.2を争うほど回転率が高いです。

 同じ席数でも回転率が高ければ多くの客を捌けるので、収入が多くなりやすいです。


 カレー屋の回転率が高い理由は、調理の簡単さにあります。

 事前に仕込みをしてあれば注文後ライスやカレーなどを盛り付けるだけなので、麺類のように茹でる時間もありません。


メリット2:テイクアウト需要もある

 『ラーメン屋』のような麺類だと伸びてしまったり汁がこぼれてしまうのでテイクアウト需要がありませんが、カレー屋ならテイクアウトで売り上げを伸ばせます。

 テイクアウトなら席を圧迫することもなく、従業員の手間もイートインに比べれば少ないので、効率的に稼げます。

 調理の手間がかからないカレー屋のメリットは、テイクアウトとの相性が良いです。


メリット3:日本人に人気

 カレーは、日本人の好きな食べ物ランキングで常にトップ10に入っている人気メニューです。

 インド料理であるカレーは、明治時代に日本に広まった日本人にとっては歴史の浅い食べ物ですが、現代では国民食ともなるほどに需要があります。

 やはり人気のないメニューよりも人気のメニューの方が儲かりやすいです。


メリット4:原価率が低い

 カレーは、ライスやナンの他ににんじんや玉ねぎなど使っている材料が安価な物ばかりです。

 一般的なカレー1杯の原価は200~300円ほどで、『原価率は30%になることが多いです。


 それだけだと普通の飲食店と同じ『原価率』ですが、トッピングを有料にすることで原価率を下げられます。


メリット5:ライバルが弱い

 個人経営のカレー屋のライバルとなるのは、大手のカレーチェーン店です。

 カレー屋は、『ラーメン屋』と比べると全国チェーン店が多くありません。

 国内のカレーチェーン店と『ラーメン』チェーン店の店舗数は次のようになっています。


大手カレー屋の店舗数
・CoCo壱番屋    約1300店舗
・マイカリー食堂 約100店舗
・日乃屋カレー  約90店舗
・ゴーゴーカレー 約80店舗
・上等カレー   約60店舗

大手ラーメン屋の店舗数
・餃子の王将   約750店舗
・リンガーハット 約600店舗
・幸楽苑     約400店舗
・日高屋     約400店舗
・大阪王将    約350店舗


 最大手のココイチの店舗数こそ約1300店舗と圧倒的ですが、2位以下は100店舗以下のお店しかなく『他の飲食店』に比べるとチェーン店が弱い傾向にあります。

 流石にココイチと真っ向勝負をしても勝ち目はありませんが、ココイチに飽きてしまった層を取りにいくのならライバルは100店舗以下の中小企業が相手になり、個人規模のカレー屋にも勝算はあります。


メリット6:自宅で作れない

 レトルトカレーなら自宅で簡単に作れますが、スパイスの調合から行う本格的なカレーを自宅で作れる人はほぼいないでしょう。

 日本食にはスパイスを使う文化がないので、自宅の台所に数種類のスパイスを常備している家庭は稀です。

 そうなると、本格的なカレーを食べたいと考えた時にはカレー屋に足を運ぶしかありません。


カレー屋開業のデメリット


デメリット1:客単価が低い

 カレーは単品での注文が多いので、客単価が1,000円を超えることはまずありません

 客単価が低いので同様に利益も少なくなり、毎日80~100人くらいの客数がないと経営していくことは出来ません。

 カレー屋で毎日80~100人の客数を確保するには、ビジネス街や住宅街など人の多い所に出店する必要があります。


デメリット2:匂いが強い

 カレーの香りはかなり強いので、会社員のランチとしては避けられる傾向にあります。

 こればっかりはどうしようもないので、香りが気にならない人たちを客として囲い込みましょう。


デメリット3:仕込みに手間がかかる

 カレーの仕込みには、スパイスと具材を2~3日煮込み続けるのが普通です。

 もちろん、その間にガス代がかかりますし、定期的に煮込み具合を確認しなければならないので手間もかかります。

 ちょっとした火加減だけでも味が変わってしまうので、この作業をアルバイトに任せることは難しいでしょう。

 それだけ時間やお金をかけて作っても1杯の売値が1,000円ほどと考えると、安いと感じてしまう経営者もいるでしょう。


デメリット4:出店箇所に制限がある

 カレー屋は特に匂いの強い飲食店なので、近隣が住宅街だと出店を断られることがあります。

 また物件のオーナーによっては、自分の物件に匂いを付けたくないという理由でカレー屋をNGにしている人もいます。

 賃貸物件を借りてカレー屋を始める場合は、事前にその物件がカレー屋に適しているかどうかを確認しなければなりません。


デメリット5:入りづらい

 『コンビニ』各社は、全国どこでも同じような店舗レイアウトやレジ対応をしてくれるので、例えそのお店自体が始めてでもあまり緊張せずに入れます。

 しかし、個人経営の飲食店となると、入ってみるまでお店の雰囲気や味が分からず、人によっては"入りづらい"と感じることがあります。

 さらにカレー屋となると、『店主がインド人だったらどうしよう。』とか、『本格的過ぎて日本人の舌に合わないカレーだったらどうしよう。』という特別な心理的障壁も加わります。


 そのような層への配慮としては、店内の様子をネットにアップしたり店先にメニュー表を掲示しておくことが有効です。



カレー屋開業のコツ


コツ1:トッピングで稼ぐ

 カレー単品は客単価が低いのでトッピングの種類を豊富にして稼ぐ方法がおすすめです。

 トッピングは一般的に原価が低い物が多く、10~15%原価率』に設定してもちゃんと売れます。


 CoCo壱番屋がカレー専門店で一強になっている要因の一つに、いつものカレーを自分の好みにカスタマイズ出来るエンターテイメント性があります。

 繁盛しているお店の経営方法を真似る意味でも、トッピングのメニューは豊富な方が良いでしょう。


コツ2:大盛りに対応する

 カレー屋は男性客の多いビジネスです。

 アンケート調査によると、週1回以上カレーを食べる人は女性に比べて男性の方が2倍も多いのです。

 大盛りメニューを展開すれば、男性客の満足度も高まり客単価も上がるのでおすすめです。


コツ3:サイドメニュー

 カレー屋のサイドメニューと聞くとすぐに答えられない人が多いですが、食べ物なら"タンドリーチキン"、飲み物なら"ラッシー"が日本人の味覚にも合っており人気メニューです。

 『せっかくチェーン店ではない個人経営のカレー屋に来たのなら本格的なインド料理を味わってみたい。』と考えるのが自然なので、どこにでもあるようなサラダやコーラだけでなく、インド気分を味わえるサイドメニュー作りをしましょう。


コツ4:テイクアウトに対応する

 そもそもテイクアウトに対応出来ないお店も多い中で、カレー屋はテイクアウトに対応出来るお店です。

 場所も人件費もかからずに売り上げを伸ばせるので、必ずテイクアウトに対応するべきです。

 持ち帰り袋にお店のロゴを印刷しておけば、持ち帰り客が勝手にお店を宣伝してくれて一石二鳥です。


コツ5:日本人の味覚に合わせる

 カレーにこだわりを持ちすぎると、本場と称してインド人の味覚に合ったカレーを作りがちです。

 しかし、日本人に馴染みのあるカレーは、給食のカレーやレトルトカレー、"CoCo壱番屋"のカレーです。

 幅広い客層を獲得したいなら、日本人にとって"普通の"カレーが一番です。


コツ6:"カレーマイスター"の資格

 無くても支障はありませんが、カレーマイスターの資格を取っておくとお店に少し泊が付くでしょう。

 そうでなくても体系的にカレーを学べるので、取っておいて損はありません。



まとめ:カレー屋開業はトッピングとテイクアウトで高年収


 カレー屋は、回転率が高くトッピングやテイクアウトとの相性も良い稼げるビジネスです。

 それでも客単価が低いので集客力が経営の肝になってくるでしょう。

 出店前に『他の飲食店』とメリット・デメリットを比較して、本当にカレー屋が良いのかを確認することも大切です。