メキシコペソ相場が上がるときとは


 高い金利と安定した為替相場で人気のメキシコペソ。

 そんなメキシコペソの為替相場が上がりやすいのは次のようなときです。


メキシコペソ相場が上がりやすいとき
・政策金利が上昇傾向
・原油価格の上昇
・アメリカとの関係が良好
・アメリカ経済が良好
・メキシコ経済指標の好調


 しかし、一般的に上がりやすいというだけで、他の要素も複雑に絡む為替相場では、あくまで参考程度にしかなりません。

 それでも、メキシコペソ相場が上がるとされている要因を理解しておくことで、投資の参考になったり経済ニュースをより具体的に理解できるようになります。

 そこでこの記事では、メキシコペソが上がる要因を解説します。



メキシコペソが上がる要因


要因1:政策金利が上昇傾向

 メキシコペソは、高金利通貨として人気の通貨です。

 メキシコペソの金利が上昇すると、さらに高金利通貨としての魅力が上がり為替相場自体も上昇します。


 メキシコペソの政策金利は、過去を振り返ってもおおむね3~10%で推移しており、為替相場と違い上昇局面と下落局面がはっきりと分かれています。

 よって、政策金利が3%近くまで下落してきたらメキシコペソを購入しておき、政策金利が10%に近くまで上昇したときにメキシコペソを売却すると利益を生みやすいです。



 その他にも、市場予想に反して大きく政策金利を上げた時に短期的な上昇をすることもあります。

 各国政府や中央銀行が政策金利を発表する前に市場関係各社が予想を発表しますが、その予想が金利据え置きの時に政府が金利引き上げを発表したり、市場予想以上の大幅な引き上げを行った時には、短期的にメキシコペソの為替相場が上昇します。


要因2:原油価格の上昇

 メキシコの東に広がるメキシコ湾は、巨大な油田地帯が広がっており、メキシコは原油の産出国です。

 よって、世界経済が好調で原油の価格が高騰すると、メキシコペソの為替相場も上昇します。


 その他にも、石炭、天然ガス、鉄、銅、ニッケルなど様々な天然資源の産出国でもあります。

 原油だけでなく、銅やニッケルの価格推移もメキシコペソ相場に影響を与える可能性があるので、チェックしておくと良いでしょう。


要因3:アメリカとの関係が良好

 メキシコの隣国には、世界最強の大国アメリカがあります。

 アメリカとの関係が良好なら、経済だけでなく軍事や内政など様々な国内活動が安全に活発に行えるようになり、メキシコペソも上昇します。


 現在メキシコとアメリカの関係性は良好で、『アメリカ・メキシコ・カナダ協定(USMCA)』という自由貿易協定を結んでいます。


 しかし、アメリカもメキシコもトップの権限が強い大統領制の国です。

 現在の関係性は良好ですが、それぞれの次の大統領が反アメリカ、反メキシコの大統領になる可能性もゼロではありません。

 大統領選挙が近い時期には、あまり積極的にメキシコペソを保有しない方が良いでしょう。


要因4:アメリカ経済が好調

 メキシコは輸入の50%輸出の80%をアメリカと行っています。

 メキシコに比べて圧倒的に経済規模の大きいアメリカ経済が少し傾くだけでも、経済規模が小さなメキシコ経済への影響は大きなものになります。

 よって、アメリカ経済が好調なとき、メキシコペソも上昇しやすくなります。


 ただし、短期的にはアメリカ経済が好調ならメキシコの資金がアメリカに流れてしまい、逆にアメリカ経済が不調なら資金がメキシコに流れるという反対の現象も起こります。


要因5:メキシコ経済指標の好調

 単純にメキシコ経済が好調なときは、海外投資家が資金をメキシコへ投入してくるので、メキシコペソが上昇しやすいです。

 高金利通貨国であり資源通過国でもあるメキシコは、このような海外マネーが多く流入しているので、他国以上にその影響を受けやすい特徴もあります。


 特に、インフレ率は経済の動向をすぐに反映する指標であることや、メキシコのような新興国ではインフレ率が高めになりやすいので常に注目されています。

 また、日本のように終身雇用の文化はなく不景気になると失業率がすぐに上昇するので、失業率も各国の投資家に注目されています。


メキシコペソのリスク


リスク1:慢性的な下落

 メキシコペソのような高金利通貨は、長期的に見ると下落し続ける傾向にあります。

 トルコリラや南アフリカランドと比べるとその下落は緩やかですが、高金利通貨と為替相場の下落はセットです。

 短期的に見れば上昇しているような局面もありますが、それがいつまでも続くと考えて取引をすると痛い損失を抱えることになるでしょう。


リスク2:急激な下落

 メキシコは、日本とほぼ同じ1.2億人の人口に世界14位の経済規模を持つ、世界的に見ても大きな国です。

 それでも隣国のアメリカや私たち日本と比べると、その経済規模はアメリカの約1/20、日本の約1/3しかありません。

 経済規模が小さいと流通している通貨量も少ないので、同じ金額の売り注文が入ったとしてもアメリカドルや日本円よりメキシコペソは数倍の下落をすることになります。


リスク3:スワップポイントの減少

 スワップポイントは、通貨ペアの金利差を元に各FX会社が毎日設定している金利収入です。


 メキシコペソ/円の通貨ペアを保有している場合、メキシコの金利が上昇したり日本の金利が減少すると得られるスワップポイントは増えます。

 しかし反対に、メキシコの金利が減少したり日本の金利が上昇すると得られるスワップポイントは減少します。


 また、スワップポイントは最終的に各FX会社が額を決めるので、昨日と今日のスワップポイントが違ったり、同じ日付でも各FX会社ごとに金額が違います。


 このように、スワップポイントは二国の金利とFX会社のさじ加減で決まっているので、ある日突然スワップポイントが得られなくなることもあります。

 簡単に出来るリスクヘッジとして、いくつかのFX会社で口座を開設しておき、メインの業者がスワップポイントに力を入れなくなったらすぐに別の業者に乗り換えられるようにするのが有効です。


リスク4:アメリカ頼りの経済

 メキシコはアメリカと国境を接しており、経済的な結びつきの強い国です。

 メキシコ貿易のうち、輸入の50%輸出の80%をアメリカ相手に行っています。

 また、人口1.2億人のうち約1000万人がアメリカへ出稼ぎに出ています。


 このように極端にアメリカ経済に依存しているので、もしアメリカとの関係性が悪化すると国内経済が崩壊します。

 ありがたいことに、現状は協力関係を築けていますが、移民問題や国境の壁問題を抱えており、いつ関係悪化しても不思議はありません。


リスク5:資源国通貨

 メキシコは世界有数の資源大国で、原油(世界14位)や銀(世界2位)など様々な天然資源が取れます。


 その中でも特に原油は世界経済にとって不可欠で、世界経済が好調なときは原油価格が上昇し、世界経済が不調なときは原油価格が下落する特徴があります。

 また、原油価格とメキシコペソ相場も相関性があり、原油価格が上昇するとメキシコペソも上昇し、原油価格が下落するとメキシコペソも下落する特徴があります。

 つまり、世界経済が好調なときはメキシコペソも上昇し、世界経済が不調なときはメキシコペソが下落します。


 このようにメキシコペソには、自国ではどうしようもない事象で為替相場が動いてしまうリスクがあります。


リスク6:犯罪率

 メキシコの人口は日本とほぼ同じ1.2億人です。

 しかし年間の殺人事件発生数は、日本が1000件未満であるのに対して、メキシコは3万件以上です。

 このように、メキシコの犯罪率はかなり高く、海外企業が進出を躊躇ったり海外資本がメキシコに流入しにくくなっています。



メキシコペソでの稼ぎ方


スワップポイントと為替差益

 メキシコペソ投資の稼ぎ方は、スワップポイントと為替差益の両方を狙うのがおすすめです。

 為替相場が下落している時期にメキシコペソを購入しておき、上昇するまで長期的に持っておけば、スワップポイントと為替差益の両方が狙えます。

 為替相場の底を狙うのは難しいですが、過去の値動きから相対的に安い時期に購入すれば、高い確率でその後上昇することが多いです。


レバレッジは3倍以下で

 FXの長期投資で推奨されているレバレッジは3倍以下です。

 しかし、メキシコペソは米ドルなどと比べるとハイリスク通貨なので、たとえレバレッジ3倍でもロスカットになることはあります。

 失っても問題のない資金で投資を行うのなら限界のレバレッジ3倍でも良いですが、老後資金のような無くして困るお金はレバレッジ2倍以下に抑えるなど、工夫が求められます。


有事の際は撤退する

 メキシコペソのような新興国通貨は、例えメキシコに直接関係の無いニュースでも、世界経済にとって悪いニュースが流れると一斉に売られる特徴があります。

 紛争や戦争、国家のデフォルト、災害などで、世界規模の影響が起こるだろうと感じた場合は、一度すべてのポジションを決済して静観するのが安全です。

 その際に含み損を抱えており損切を行う羽目になってしまっても、塩漬けして全額ロスカットするよりは傷は浅いです。



メキシコペソで月20万円得るには

月20万円を得るには

 資金1000万円でメキシコペソをレバレッジ3倍で保有すると、月20万円のスワップポイントが得られます。

 いきなり1000万円を用意出来る人は少ないですが、積立投資のように毎月一定額をメキシコペソ購入に当てていけば、必ず1000万円貯まります。

 欲をかいてレバレッジを高めることなく、淡々と積み立てられる忍耐力が重要になるでしょう。


レバレッジ別必要資金
・レバレッジ1倍 3000万円
・レバレッジ2倍 2000万円
・レバレッジ3倍 1000万円


月10万円を得るには

 資金500万円でメキシコペソをレバレッジ3倍で保有すると、月10万円のスワップポイントが得られます。


レバレッジ別必要資金
・レバレッジ1倍 1500万円
・レバレッジ2倍 1000万円
・レバレッジ3倍 500万円


月5万円を得るには

 資金250万円でメキシコペソをレバレッジ3倍で保有すると、月5万円のスワップポイントが得られます。


レバレッジ別必要資金
・レバレッジ1倍 750万円
・レバレッジ2倍 500万円
・レバレッジ3倍 250万円


月3万円を得るには

 資金150万円でメキシコペソをレバレッジ3倍で保有すると、月3万円のスワップポイントが得られます。

 150万円なら、ギリギリまで生活の質を落として貯金に励めば1年で貯められる人もいるでしょう。

 それで毎月の収入が3万円増えると考えると、かなり美味しい投資であることが分かります。


レバレッジ別必要資金
・レバレッジ1倍 450万円
・レバレッジ2倍 300万円
・レバレッジ3倍 150万円



メキシコペソと他の高金利通貨の比較

 よくメキシコペソと比較される高金利通貨に、『南アフリカランド』と『トルコリラ』があります。

 しかし、特にこだわりが無い場合は、素直にメキシコペソ一本に投資をすることをおすすめします。

 これらの三通貨は、私たち日本の個人投資家が同列に語るように、世界の投資家から見ても同じような物と捉えられており、まるで連動しているかのように同じような値動きを示します。

 よって、分散投資目的でこれらの三通貨を購入することにはほとんど意味がありません。

 また、過去の値動きから見ると、メキシコペソが最も安定的な値動きをしており、次いで南アフリカランド、トルコリラと続きます。

 特にトルコリラに関しては、ハイパーインフレと言っても差し支えないような勢いで値下がりを続けている超危険な通貨なので、初心者が気軽に触れるべき通貨ではありません。







まとめ:メキシコペソが上がる要因を参考にしよう


 様々な要因が複雑に絡み合う為替相場の世界では、一つの要因が必ず上昇や下落に直結する訳ではありません。

 しかし、メキシコペソが上がりやすいとされている要因を知っておくだけで、投資の参考になったり経済ニュースがより具体的に楽しく見れるようになります。

 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。