南アフリカランドはこれからどうなる?


 高金利通貨の南アフリカランドは、保有しているだけで毎日スワップポイントが得られるので、日本の個人投資家に人気の通貨です。

 そこで気になるのは、これから先の南アフリカランドの為替相場が上昇していくのか下落していくのかではないでしょうか。

 結論を申し上げると、南アフリカランドはこれから先も下落を続けることが予測されます

 それは、新興国の高金利通貨ならではの理由があります。


 この記事では、なぜ南アフリカランドが下落していくのか、過去の動向や今後の予想を解説します。



南アフリカランドのこれまでの動向

 南アフリカランドのこれまでの為替相場は、このようになっています。


 単年で見れば上昇している年もありますが、10年単位で見れば綺麗な右肩下がりをしています。

 南アフリカ共和国のような新興国は、毎年数%ずつ経済成長をしています。

 経済が成長すると、国民の所得や消費が増え、物価が上昇していきます。

 物の値段が上がるということは、相対的に通貨の価値が下がっているとも考えられるので、どうしても為替相場が下落傾向にあります。


 このように新興国通貨の価値は下落傾向にはありますが、それと同等かそれ以上の政策金利を設定していることが多いです。


 例えば、先程見たチャートによると、2009年から2022年までの13年間で、1ランド12.7円から7.4円までおよそ42%も価値を下げています。

 しかし、毎年平均6.2%の政策金利が設定されていたので、およそ80%の金利が付きます。

 このように、通貨の価値こそ下がりますが、金利収入と相殺するとプラスになることの方が多いです。



南アフリカランドの今後の予想


 南アフリカランドの今後は、引き続き下落を続けることが予想されます。

 これまでおおよそ15年で半値になるペースで下落を続けてきたので、このペースが続くなら2035年~2040年頃に1ランド3.5円になっている計算です。


 ただし、未来のことは誰にも分かりません。

 仮に南アフリカ共和国で新たな金山がたくさん見つかれば、南アフリカランドが高騰しているかもしれませんし、反対に戦争や紛争が起こり国体を維持出来なくなれば南アフリカランドが紙くず同然になっているかもしれません。

 このように、未来の予想を正確行うことは不可能なので、あまり未来の予想ばかりに目を向けていくのは良い手法ではありません。



南アフリカランドとAI予想


 近年急速に発展しているAI技術ですが、いくらAI技術が発展しても未来の為替相場を正確に予測することは不可能です。

 これから先、AI予想を謳った投資商品がたくさん出てくるでしょうが、個人的にはおすすめしません



南アフリカランドが上昇する要因


要因1:世界経済が好調

 世界経済が好調なら、南アフリカランドは上昇します。


 南アフリカランドはハイリスクハイリターンな通貨のため、世界経済が好調で投資家がリスクを負って利益を求めるときに買われます。

 反対に世界経済が不調になると、世界中の投資家が自国に資金を引き上げてしまうため、南アフリカランドが売られます。


要因2:金・白金の価格が上昇

 南アフリカにはたくさんの鉱山があります。

 金は世界8位、白金は世界1位の産出量を誇ります。


 これらの希少金属はその美しさから宝飾品にも使われますが、自動車やスマホの製造にも不可欠な材料です。

 世界経済が好調で世界中の工場が稼働しているときは、これら希少金属の価格も上昇し、南アフリカランドも上昇します。


要因3:南アフリカの経済指標が好調

 南アフリカの経済指標が好調なら、南アフリカランドは上昇します。

 特に、失業率やインフレ率は、実体経済をすぐに反映するので注目される指標です。

 また、南アフリカランドは高金利通貨なので、政策金利も重要な指標です。 


要因4:中国経済が好調

 南アフリカは中国と密接な関係を築いています。

 南アフリカの貿易相手は、輸入輸出共に中国がナンバー1です。

 その他にも"BRICs"にどちらも属していることもあり、首脳会談も頻繁に行われています。


 中国経済が好調なら、貿易や投資が盛んに行われるようになり、南アフリカ経済も潤います。


要因5:政策金利の引き上げ

 南アフリカの政策金利が引き上げられれば、南アフリカランドは上昇します。


 南アフリカランドへ投資をしている人の大半は、その高い高金利を得るために投資をしています。

 その南アフリカが政策金利を引き上げれば、その魅力がさらに増して為替相場も上昇します。


要因6:先進国の金利引き下げ

 南アフリカランドの金利が据え置きのままでも、先進国通貨が利下げを行えば相対的に南アフリカの政策金利が高く見えます。




南アフリカランドの金利が高い理由


 南アフリカの政策金利が高い理由は、南アフリカランド自体にはそれほど魅力がないからです。


 仮に、南アフリカランドもアメリカドルもゼロ金利だった場合、やはりアメリカドルの方が魅力が高いです。

 魅力が高い通貨は買われるので、アメリカドルの為替相場だけが上昇します。

 そうなると南アフリカランドが大暴落を起こすので、政策金利を高くして魅力を増して暴落を防いでいるのです。





南アフリカランド投資のメリット

メリット1:安定的な為替相場

 南アフリカランドは、他の高金利通貨と比べて安定的な為替相場をしています。

 スワップポイント狙いで高金利通貨を保有しようと考えるのならば、やはり為替相場が安定していることが重要です。

 例えば、トルコリラは政策金利が10%以上になるときもある超高金利通貨ですが、為替相場の暴落が頻発しており、まったく長期投資に向きません。

 その点で、南アフリカランドは比較的為替相場が安定しているので、長期投資との相性もばっちりです。


メリット2:安定的な金利

 スワップポイント狙いの長期投資をする際にもう一つ大切な要素が安定的な政策金利です。

 仮に今の政策金利が5%だったとしても、1年後に1%になっていたのではスワップポイント投資になりません。

 過去5年10年の政策金利推移を見て、政策金利が高く安定している通貨が長期投資に向いています。

 南アフリカランドの政策金利は過去20年で一番低いときですら政策金利3.5%です。

 よって、5年後も10年後も政策金利が1%未満になる可能性は限りなく低いです。


メリット3:アフリカ大陸への投資

 日本や中国を先頭に、アジア地方も発展が進んでいます。

 そんな昨今、最後のフロンティアとして注目されているのがアフリカ大陸です。

 今から2050年までの間にアフリカ大陸の人口は2倍に増えると予測されており、将来的には世界人口の25%を占めると言われています。

 当然、人口が多くなればなるほど経済力や国力は増していきます。

 まだ発展途上の今からアフリカ大陸へ長期的な投資をしておけば、将来得られるリターンはかなり大きなものになるでしょう。



南アフリカランド投資のデメリット

デメリット1:長期的な下落相場

 南アフリカランドは長期的な下落相場を形成しています。

 ただし、これは南アフリカランドだけに起きていることではなく、メキシコペソやトルコリラのような高金利通貨すべてに当てはまる現象です。

 そもそも政府や中央銀行は、自国が高インフレに悩んでいるときに政策金利を高くしてインフレ抑制を行います。

 つまり、スワップポイント投資の対象になるような高金利通貨は、ほぼ必ずインフレ率が高く通貨価値の下落を起こしています。


 ただ、今の南アフリカは政策金利の高さの割に通貨価値の下落率は緩やかなので、保有しているだけで資産を増やせるような通貨です。

 よって、長期的な下落相場こそ形成していますが、長期投資を行う分にはそれほど大きな問題ではありません。


デメリット2:広いスプレッド

 南アフリカランドは、実質的な手数料に該当するスプレッドが広い通貨です。

 同じ金額で南アフリカランドと米ドルを購入すると、そのスプレッドにかかる費用は10倍も違います。

 米ドルやユーロのような流通量の多い通貨はスプレッドが狭めで、南アフリカランドやトルコリラのようなマイナー通貨はスプレッドが広めであることを覚えておきましょう。


デメリット3:高いカントリーリスク

 南アフリカ共和国は、日本やアメリカのような先進国に比べて国家の体制が整っておらず、カントリーリスクが高い国です。

 南アフリカが抱えている問題を挙げてみると、『モノカルチャー経済』、『エイズ感染者数』、『教育レベル』、『失業率』、『犯罪率』、『電力不足』、『ストライキ』などがあります。

 例えば、『教育レベル』について考えてみると、つい最近まで"アパルトヘイト"という黒人差別運動が行われており、国内の大半を占めている黒人は教育を受けることが出来ず字の読み書きが出来ませんでした。

 字の読み書きが出来ないということは、農園や工場でマニュアルを読んで作業することも出来ませんし、当然計算も出来ないのでレジ打ちの必要な店員も出来ません。

 さらに言えば、日本の大学に相当するようなハイレベルな教育を受けている人は数えるほどしかおらず、技術革新がまったく進まない問題も起きています。


 このように、南アフリカ共和国が抱えている問題は、たった一つでも経済的に大きなマイナスの影響を与えていますが、これら7つの問題が重なり合って壊滅的な悪影響を経済に与えています。


デメリット4:慢性的な経常赤字

 貿易だけでなく投資やサービスなどすべてのお金の出入りをまとめたものを経常収支と言います。

 南アフリカ共和国は、この経常収支が長年に渡って赤字です。


 日本のように、自国の借金を自国民が買い支えているのならそれほど問題にはなりませんが、南アフリカ政府の借金の多くは海外投資家に買われているので、毎年発生する利子の支払いだけでもかなりの資金が海外に流れています。

 赤字体質を改善するもっとも簡単な方法は国内産業を発展させることですが、教育レベルや治安の悪さもあって健全な産業育成が行われていないのが現状です。


デメリット5:鈍化する成長率

 『これから成長する地域』として紹介されることの多いアフリカ大陸ですが、その実情は国によって様々です。

 アフリカ大陸全体で見ると、2050年までに今より人口が2倍に増えていると予測されており、さらなる発展を予感させてくれます。

 しかし、南アフリカ共和国単体で見ると、直近の経済成長率は年平均1%程度であり、これは今の衰退期に入っている日本と同じ水準です。

 世界全体が毎年2%の経済成長をしていることを考えると、南アフリカ共和国は世界から取り残されているようにも感じます。



まとめ:南アフリカランドはこれから先も下落する


 南アフリカランドの為替相場は、これまで下落を続けてきた歴史があります。

 これは、南アフリカランドだけではなく、メキシコペソやトルコリラのような他の高金利通貨にも当てはまります。

 どの高金利通貨でも、長期的に見れば下落を続けているので、これから先も下落を続けていくと考えるのが自然です。


 それでも、その下落幅よりも大きなスワップポイント(金利収入)が得られる可能性の方が高いので、レバレッジに気を付けて投資を行う分には、南アフリカランドは投資対象として有効であると考えます。

 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。