トルコリラ投資は危ない?


 トルコリラは、FXで取り扱い出来る通貨の中でも1・2を争うほどのハイリスクで危険な通貨です。

 毎年、多くの投資初心者が見た目の金利の高さに釣られてトルコリラを購入しますが、そのほとんどは損失を抱えるかロスカットにあって撤退をしています。

 中には追証自己破産をする人もいます。


 この記事では、なぜトルコリラが危険なのか、なぜトルコリラを取引するだけで自己破産するような事態になってしまうのかを解説します。



トルコリラの危険性


 トルコリラの危険性は主に2つあります。

 その危険性とは『急激な価格変動』と『為替相場下落の常態化』です。

 両者が合わさって、トルコリラ相場は常に下落しつつ定期的に急激な暴落も起こる通貨になっています。


危険性1:急激な価格変動

 トルコリラは、他の通貨に比べて急激な価格変動が起こりやすい通貨です。


 トルコリラの流通量は、ドルやユーロに比べて極端に少ないです。

 よって、例えば同じ1兆円分の買い注文がドルとリラに行われた場合、リラの方が大きく値が動きます。


 また、トルコリラは過去に何度も暴落を起こすほど脆弱性があり、定期的に機関投資家に狙われています。

 そのような時には、数分で10%も暴落するようなことになります。

 為替相場で10%の値動きはかなり大きなもので、ドル/円が数分で130円から120円に下がると考えるとその大きさが伝わるでしょう。

 米ドルでそのような暴落をすることは10年に1度あるかどうかですが、トルコリラでは年に1回はそのような暴落を目にすることになります。


危険性2:為替相場下落の常態化

 トルコリラは、通貨価値の下落が常に起こっています

 現行のトルコリラは2009年に行われたデノミ(通貨切り下げ)から使用されていますが、わずか13年間でその価値を1/10にまで減らしています。


 このような金融商品を購入しても継続的な利益を出すことは不可能です。

 FXで他の通貨を取引していると価格が元に戻ることも多いので、損失を抱えているトルコリラのポジションも元に戻るだろうと塩漬けにする人が多いですが、これを見れば元に戻ることはなくどんどん赤字が膨らむのが分かります。


 高金利通貨は基本的に常に為替相場の下落圧力が働く特性があるので、同じ高金利通貨のメキシコペソや南アフリカランドも慢性的な下落基調ですが、トルコリラと比べるとその下落度合いはかなり緩やかです。



塩漬けは特に危険


 トルコリラで損失を抱えているときは、どうしてもそのポジションを放置する"塩漬け"をしてしまいがちです。

 ですが、先程のチャートグラフで見た通り、トルコリラは毎年下落をし続ける通貨なので、そのポジションがプラスに転じるどころか、90%以上の確率でさらに含み損が増えることになります。

 よって、ほとんどのケースですぐにポジションを決済して、損失を確定させる方が傷が浅くて済みます。


 実際に、トルコリラでロスカットを経験している方のブログやSNSを見ると、日々下落していくトルコリラを保有したまま塩漬けし、含み損がどんどん膨らんでいきロスカットになっています。

 反対に、トルコリラの長期保有で資産を築いた方のブログやSNSは、少なくとも私が調べた限りでは見つかりませんでした。


 『トルコリラの塩漬けは危険』と覚えておくとよいでしょう。


追証が発生するケースもある


 トルコリラのような値動きの激しい通貨をレバレッジを掛けて取引すると、一瞬の値動きで持っている資産だけでは支払えない額の損失を抱えることもあります。

 そうなると、口座の資金がゼロになるだけではなく、追加で足りない分を入金しなければなりません。

 これを"追証(おいしょう)"と言います。


 "追証"はローンや借金と同じくちゃんと支払わないと取り立ての電話や裁判所から通知が届くようになるので、支払わず逃げることは出来ません。

 中には自己破産してすべての資産を失った人もいるので、"追証"が発生しないようにポジションの量は気を付けましょう。

 海外FX業者の中にはこの追証が発生しない業者もあるため、不安ならそちらで口座を開設するのも有効です。



トルコリラはどこまで下がる?


トルコリラがどこまで下落するかは誰にも分からない

 トルコリラがどこまで下がるのかが気になる人も多いでしょう。

 しかし、トルコリラがどこまで下がるのかは誰にも分かりません。

 それどころか現在の政策下では、さらに下落を続けるものと予想されます。


 少なくとも、現エルドアン政権が続く限りは、低金利政策と中央銀行の独立性の棄損が行われるリスクがあると世界中の投資家は考えているので、トルコリラ相場が上昇する可能性はかなり低いです。


トルコリラが0円になることはあるのか

 そこで気になるのが、トルコリラが0円になることはあるのかということです。

 実際には通貨価値が完全な0になることはありません。

 それでも、過去のトルコのハイパーインフレ時では、1リラが0.0001円ほどにまで下落しています。

 これからトルコリラが1リラ0.1円や0.01円になることは十分に考えられます。





トルコリラはなぜ下がる?


 現在トルコリラ相場が暴落し続けていることには2つの要因があります。

 『高インフレ時の低金利政策』と『中央銀行人事への介入』です。


高インフレ時の低金利政策

 かねてよりエルドアン大統領は『金利は悪。』と捉えており、高金利政策を嫌っています。

 今のトルコのような高インフレ時では、高金利によりインフレを抑制するのがワールドスタンダードとなっていますが、エルドアン大統領は正反対の低金利によりインフレを抑えようとしています。


 金利を引き下げてしまうと、お金を借りて物を買う人が増えるので、物価が高騰してさらにインフレが加速します。

 さらに、世界中の投資も同様に低金利ではインフレが加速すると予測するため、トルコへの投資資金を引き上げる際にリラ売りが起こり、さらにトルコリラが下落していきます。


 このように高インフレ時に低金利政策を行うと、まず間違いなくインフレがさらに悪化することになります。


 もしかしたらエルドアン大統領自身もそのことを理解しているかもしれませんが、高金利政策はイスラム教の教えに反しており国内の強い反対に遭う可能性があるので、どちらにせよ気軽に高金利政策に舵を切るのも難しい状態です。


中央銀行人事への介入

 本来なら、大統領個人の思想がこれだけの影響を与えることは出来ません。

 それは、中央銀行が政府から独立した権限を持っているからです。

 これを"中央銀行の独立性"と言います。


 トルコでも制度上は中央銀行の独立性が保たれていますが、エルドアン大統領は自分の意にそぐわない中央銀行総裁を相次いで更迭して中央銀行への圧力をかけています。

 これが他国の投資家から"中央銀行の独立性"がなくリスクの高い状態であると判断され、トルコリラ売りを後押ししています。




トルコリラが上がるのはいつ?

 それではトルコリラはいつ上がるのでしょうか。

 現在のトルコリラ下落要因の一端がエルドアン大統領の低金利政策にあると考えるのならば、トルコリラが上昇トレンドに転じる可能性があるのは次の大統領選挙後となります。

 現大統領は2023年に再選し2028年までの任期なので、その時期になるとトルコリラ相場に大きな動きがあるかもしれません。


 それでも20年近く下落を続けている通貨が上昇トレンドに転じるには、かなり大きな変革が求められるので、大統領が交代してもそのままトルコリラが下落し続ける可能性の方が高いと考えています。




トルコリラでスワップポイント生活は出来る?


 トルコリラでスワップポイント生活をすることは難しいです。

 トルコリラの政策金利は確かに高額ですがそれ以上に為替相場が下落しているので、今のトルコリラは保有しているだけでどんどん資産を失っていく金融商品となっています。

 同じ高金利通貨でもメキシコペソや南アフリカランドの方が為替相場の下落が緩やかなので、トルコリラに投資をするくらいならメキシコペソや南アフリカランドに投資をする方が良いでしょう。




トルコリラと他の高金利通貨のどちらが良い?


 トルコリラとメキシコペソや南アフリカランドとを比較するのなら、トルコリラは投資対象として最も不適格です。

 なぜなら、トルコリラとメキシコペソと南アフリカランドは、同水準の政策金利推移を描いています。

 それなのに、メキシコペソと南アフリカの為替相場はゆっくりとした下落をしているのに比べて、トルコリラだけは急激な下落をしています。

 同じ政策金利を得られるのなら、通貨価値の下落が緩やかな方が稼ぎやすいのは当然のことです。





トルコの強み


 金融的に問題を抱えているトルコですが、国全体を見渡してみると大きな強みを4つ持っています。


強み1:立地

 トルコはアジアとヨーロッパの中間に立地しています。

 古くからアジアとヨーロッパの貿易の中継地点として栄えてきたトルコですが、近年になってもその重要性は変わりません。


 それどころか、近年ではアジア経済が急激に発展してきたことから、アジアとヨーロッパの貿易額が増えており、トルコの重要性はさらに高まっています。


強み2:人口

 トルコは近年発展し出した国で、人口ピラミッドが若いという特徴があります。

 65歳以上の高齢者の割合は8.8%で、日本の28.4%と比べるとどれだけ若者に溢れているのかが分かります。

 今のトルコの人口比率は、高度経済成長時の日本の人口比率と類似しており、これからさらに経済発展することが期待されます。


強み3:貿易

 トルコは、巨大経済圏であるヨーロッパやアジアから少し離れた場所に位置することから、貿易相手が分散されています。

 輸入は、中国、ドイツ、ロシアがそれぞれ輸入額全体の10%ずつを占めています。

 輸出も、ドイツは輸出額の10%で、イギリス、UAE、イラク、アメリカがそれぞれ輸出額の5%ずつを占めています。


 このように貿易相手が分散されていると、特定の国との関係性が悪化したとしても、他の国との貿易に切り替えるのが容易なため、リスク分散出来ているともいえます。

 反対に特定の国に依存した国家は、貿易相手を簡単に変えられないため足元を見られた不利な貿易を行わされたり、貿易相手国が不景気になると自国も過度に影響を受けたりとリスクの高い国家運営になります。


強み4:観光

 トルコは観光大国として有名で、海外旅行者の数は世界第6位です。

 アジアとヨーロッパの文化を上手く取り入れた独自の文化が、世界中の人々に評価されています。

 また、"トロイの木馬"に代表される古代ギリシャ時代を味わえる施設や、カッパドキアのような天然が作り上げた風景、独特な街並みなど、どれも他国では中々見られないものばかりです。

 トルコの観光収入は年々増加しており、2022年時点では年間約7兆円の観光収入を得ています。

 比較として、日本の観光収入は年間約7000億円なので、トルコの観光業は日本の観光業の10倍規模であると考えると分かりやすいです。



まとめ:トルコリラは特に危険!!


 あくまで個人の感想になりますが、トルコリラはFXで取引出来る通貨の中で最も危険な通貨だと考えています。

 余程の事情が無い限りは、トルコリラを取引することはおすすめしません。


 同じような高金利通貨のメキシコペソや南アフリカランドの方がまだ安全なので、高金利通貨投資に興味がある人には、メキシコペソや南アフリカランドをおすすめします。

 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。