メキシコペソの長期保有は儲かる?


 高金利通貨のメキシコペソは、FXの長期投資で人気の通貨です。

 メキシコペソを長期保有することで、毎日金利収入(スワップポイントが得られるので、長期保有しているだけでも儲かる可能性のある投資手法になります。


 そこで気になるのが、メキシコペソを長期保有した場合の利回りや、ドルコスト平均法(積立投資)とメキシコペソ投資の相性が良いのかではないでしょうか。

 この記事では、それらを一つ一つ丁寧に解説していきます。



メキシコペソの長期保有の利回りは?


 メキシコペソをロングポジションで持った場合の利回りは、為替の変動幅やレバレッジの倍率によって大きく変わります。


 メキシコペソで長期投資をする場合の適正レバレッジは3倍以下です。

 レバレッジ3倍の状態で比較的メキシコペソの為替相場が安定しているときの利回りは、年利15~20%にもなります。


 ただし、高金利通貨であるメキシコペソは常に下落圧力がかかっており、通貨価値の下落が続いているので、投資する時期によっては、年利数%になることもあります。

 また、スワップポイントが貯まる前の初期段階で暴落に会うと、レバレッジ3倍でもロスカットになる可能性もあります。

 リスクとリターンは表裏一体のため、高いリターンを狙うとそれだけリスクも高くなります。

 それでもやはり、株式投資や不動産投資では年利3~5%も出せれば十分優秀であることと比べれば、メキシコペソ投資の15~20%の利回りは魅力的です。



メキシコペソの長期投資は不労所得になるのか?


 メキシコペソを長期保有することは不労所得になります

 ただやはり、リスクとリターンは釣り合っているものであり、これだけのハイリターンが期待出来る裏側には、それと同等のリスクもあることは覚えておきたいですね。

 少なくともここ5年は、メキシコペソを保有しているだけで不労所得を受け取ることが出来ていました。


 レバレッジ3倍だと日々の値動きが気になって本当の意味での不労所得にならないと感じる場合は、レバレッジを2倍や1倍に下げれば安全に資金を増やしていけるでしょう。

 レバレッジ1倍だと外貨預金と変わらない気がしますが、銀行で外貨預金をすると手数料を多く取られてしまうので、外貨預金をするくらいならFX口座でレバレッジ1倍運用をする方がお得です。



メキシコペソ投資にドルコスト平均法は有効?


 メキシコペソのような値動きが不安定な投資商品にドルコスト平均法は相性が良いです。

 ドルコスト平均法なら、メキシコペソが高いときはあまり購入出来ず、メキシコペソが安いときに多く購入出来るので、自然と購入レートが低く抑えられます。


 ただ、投資開始時点で既に多額の資金を持っている場合にドルコスト平均法を行うと、寝かせたままの資金が多くなってしまい投資効率が下がってしまうので、最初から100万円や1000万円の資金があるのなら、いきなり全額を投資した方が上手くいくことが多いです。


 ドルコスト平均法で投資をしていると、『価格が高くてあまり買いたくないな』と感じたり、『価格が安いからもっと買っておきたいな』と感じるときもありますが、感情に流されることなく決められたルール通りに積み立てていくことがポイントです。


メキシコペソと積立投資の相性は?


 メキシコペソのような高利回りの金融商品と積立投資との相性は良いです。

 さらに投資効率を高めるために、得られたスワップポイントを再投資して複利運用をしていくと、数年後には資金が雪だるま式に増えていくようになります。

 最初のうちはほとんど資金がないのであまりリターンを感じられませんが、資金とポジションが積み上がってくるといずれ入金額よりも金利収入の方が多くなるブレイクスルーを迎える時がきます。


 注意点として、最初からまとまった資金を持っている場合は、わざわざ小分けに積み立てるよりも一気に投資した方が資金を寝かせずに済み、リターンが高くなります。



メキシコペソでほったらかし運用は可能?


 メキシコペソ投資は、株式投資や不動産投資と比べるとハイリスクハイリターンです。

 レバレッジ1倍程度で安全に投資をするならほったらかし運用は可能ですが、レバレッジを3倍まで高めてしまうと定期的なメンテナンスが必要です。

 完全なほったらかし運用をしたいのなら、レバレッジを1倍にするか株式や債権などより安全な金融商品に投資をすることをおすすめします。


 それでもメンテナンス程度なら労働とは言えないと思うなら、メキシコペソは不労所得を得る方法として優良です。



高金利通貨はどれが儲かるのか?


 メキシコペソと同じく高金利通貨として人気の南アフリカランドとトルコリラ。

 これら三通貨の中で一番儲かるのは、どの通貨なのでしょうか。


 当サイトの結論としては、『メキシコペソ>南アフリカランド>>>トルコリラ』。

 メキシコペソと南アフリカランドにはそれほど差はありませんが、それでも高金利通貨の中でもっともおすすめなのはメキシコペソです。


 メキシコは、犯罪率が高いことなど問題点もありますが、他の二国に比べて経済基盤がしっかりとしています。

 為替相場や政策金利の推移を見ても一番安定的に稼げるのはメキシコペソなのは間違いありません。



メキシコペソ投資の適正レバレッジは?


 メキシコペソで長期投資をする場合の適正レバレッジは3倍以内です。

 レバレッジ3倍ですら世界的な金融危機が起こればロスカットになることもありますが、レバレッジを3倍以上にするとまず間違いなく世界的な金融危機でロスカットになります。


 海外預金の意味合いでメキシコペソ投資をしたいならレバレッジ1倍、安全にリターンを狙いたいのならレバレッジ2倍、多少リスクを取って大きく儲けたいのならレバレッジ3倍を目安にすると良いでしょう。

 またおおよその年利は、レバレッジ1倍で年利5%、レバレッジ2倍で年利10%、レバレッジ3倍で年利15%となります。


レバレッジ別リターン表
・レバレッジ1倍 年利5% (海外預金のように)
・レバレッジ2倍 年利10% (安全にリターンを狙う)
・レバレッジ3倍 年利15% (リスクを取って大きく儲ける)



メキシコペソ投資の危険性


 メキシコペソは、他の高金利通貨に比べれば安全ではありますが、米ドルやユーロのような先進国通貨と比べれば危険性の高い通貨です。

 ここでは、メキシコペソの6つの危険性を解説します。


危険性1:アメリカ頼りの経済

 メキシコの北側には、世界一の経済大国アメリカが存在しています。

 その影響で、メキシコの輸入の50%輸出の80%はアメリカ相手になっています。

 現状のメキシコとアメリカは経済的にも外交的にも親密な関係性を築いていますが、もし今後関係が悪化すると、メキシコ経済は瞬時に崩壊へと向かうことになるでしょう。


 近隣が海で繋がっている日本ですら韓国や中国などとあらゆる外交問題を抱えているのですから、陸地で直接繋がっているメキシコとアメリカの関係性が急激に悪化することもありえます。


危険性2:資源通貨国

 メキシコは、原油や銀など天然資源が豊富です。

 天然資源は貴重な外貨獲得の手段になりえますが、世界経済が停滞している時期には需要が減少するデメリットもあります。

 企業や投資家はそれを理解しているので、世界的な金融危機が起こるとメキシコペソのような資源産出国の通貨は真っ先に売られます。

 実際に、過去の金融危機でも1ヶ月の間に30~40%ほどの価格下落を起こしています。


危険性3:犯罪大国

 "メキシコマフィア"という言葉が有名なように、メキシコの治安の悪さは世界有数です。

 メキシコの年間殺人件数は3万件で、メキシコと人口がほぼ同じ日本の年間殺人件数は1,000件未満であることと比較すると、いかにメキシコの治安が悪いかが分かります。

 "メキシコ麻薬戦争"という麻薬組織とメキシコ警察との抗争は、1970年頃から始まり現在も続いています。


 治安の悪いと、健全な経済活動の妨げになります。

 メキシコのような治安の悪い国で日本のように自動販売機を設置しても、すぐに破壊されてビジネスが成り立たないでしょう。


危険性4:激しい変動

 メキシコペソのような新興国通貨は、米ドルのような先進国通貨に比べて通貨の変動幅(ボラリティ)が大きいです。

 近年で大きな変動のあった2019年のコロナショック時では、米ドル/円が110円台から105円台へとおよそ5%の下落幅に収まったのに比べて、メキシコペソ/円は6.0円台から4.5円台まで25%もの下落幅を記録しています。


 ドル円投資と同じ感覚でメキシコペソ円投資を行えば、たちまちロスカットすることは目に見えています。

 メキシコペソ投資では、欲に負けずいかにレバレッジを抑えるかが重要です。


危険性5:大統領

 メキシコの大統領制度は、任期6年で再選は出来ません。

 現在のロペスオブラドール大統領の任期は2024年6月までとなっており、次の大統領候補は与野党共に女性候補です。

 メキシコ史上初の女性大統領誕生がほぼ確実となっています。


 日本の内閣制度よりも権限の強い大統領制度のトップが交代となれば、国政が大きく変わるのは確実。

 今後の選挙情勢や両候補の経済政策などには目を向けておく必要がありそうです。


危険性6:スワップポイント減少の可能性

 スワップポイントは、各国の政策金利の差額を毎日受け取れるシステムです。

 原則は、各国の政策金利差を日割りに計算した額が毎日支払われます。

 しかし、あくまでスワップポイントは各FX会社が独自の采配で金額を決めており、FX会社ごとにスワップポイントの金額はまったく違います。


 スワップポイント投資が脚光を浴びて注目度も高まっていることもあり、FX会社はスワップポイントを出来るだけ高く設定して客寄せを行っています。

 それでも繰り返しになりますが、FX会社の裁量で簡単に数字を変えられてしまうので、複数のFX会社で口座を開いておき、メイン口座のスワップポイントが減少傾向になってきたら他社に乗り換えるのが有効です。



メキシコペソのインフレ率


 メキシコペソのインフレ率(物価上昇率)は、年間5%程度です。

 世界全体が毎年2%前後の成長をしている中で、新興国のメキシコは年間5%の成長を続けていることになります。


高金利通貨でインフレ率が重要なわけ

 メキシコペソ投資においてインフレ率が重要な理由は、各国の中央銀行が自国のインフレ率を参考に政策金利を決めているからです。


 政策金利にはインフレ率をコントロールする働きがあります。

 政策金利を高めに設定すると、個人や企業はお金を借りにくくなり、経済は冷え込みインフレ率が下がります。

 政策金利を低めに設定すると、個人や企業はお金を借りやすくなり、経済は活性化してインフレ率が上がります。


 メキシコのインフレ率が高めになりメキシコ中銀が政策金利を利上げしてくれた方が、毎日得られるスワップポイント額が多くなり、私たちスワップポイント投資家が儲かります。


高過ぎるインフレ率は注意

 インフレ率が高いほど政策金利を高くしてくれるのなら、インフレ率がもっと高い方が良いと考えてしまいます。

 しかし、過度なインフレは"ハイパーインフレ"と呼ばれており、国内経済に深刻なダメージを与えます。

 そうならないために、各国の中央銀行は政策金利でインフレ率をコントロールしているのです。

 インフレ率を中央銀行がコントロール出来ているうちは安全に投資が出来ますが、現在のトルコリラのようにインフレ率が制御不能に上昇した国で投資を行うのは危険です。

 もし今後、メキシコペソのインフレ率が10%を超えてくるようなら、高いスワップポイントに惑わされることなく、メキシコペソ投資からの撤退をするべきです。




まとめ:メキシコペソの長期投資は儲かる


 メキシコペソの長期投資はハイリスクハイリターンで儲かります。


 確かに、株式や債権に比べればリスクは高いですが、その分得られるリターンは他の投資商品では考えられない年利15~20%にもなるので、投資対象としての魅力は高いです。

 レバレッジ3倍まで高めてしまうと、時々ポジションのメンテナンスが必要になりますが、レバレッジを2倍以下に抑えておけば、本当の意味で不労所得になるでしょう。


 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。