南アフリカランドの金利はなぜ高いのか


 南アフリカランドは世界でも有数の金利の高さで、特にスワップポイント狙いの投資家に人気の通貨です。

 実際に南アフリカランドの過去10年の平均政策金利は6%以上にもなり、この傾向は今後も続くものと予想されます。

 それでは、なぜ南アフリカの政策金利は高いのでしょうか。

 この記事では、政策金利の推移やインフレ率との関連性を見ることで、南アフリカの政策金利が高い理由を解説します。



南アフリカランド政策金利の推移

政策金利の推移

 南アフリカランドの政策金利は、このように推移しています。
 

 赤色のグラフが南アフリカランドの政策金利ですが、他に高金利通貨として知られるメキシコペソやトルコリラと比べても遜色ない金利の高さです。

 ここ10年ほどで見ても、2013年に記録した政策金利3.5%が南アフリカの最も低い金利で、安定的に高金利を維持していることが分かります。

 2023年現在の金利は過去の水準から見ると天井付近にあるので、これ以上の上昇は見込めないかもしれません。

 それでも『ゼロ金利の日本円売り、高金利の南アフリカランド買い』つまり"ランド/円"のポジションなら、ほぼ確実にこの先何年もプラスのスワップポイントを受け取り続けられるでしょう。

為替の推移

 南アフリカランド/円の2009年からの為替相場はこのようになっています。
 

 緩やかではありますが、南アフリカランドはその通貨価値を下げ続けています。

 それでも現状は、通貨価値の下落量よりも金利収入の方が大きいので、南アフリカランドのロングポジションを保有しているだけで、利益を得られる状態が続いています。


 反対に、この下落で利益を稼ごうと南アフリカランドのショートポジションを持つ戦略もありますが、南アフリカランドのショートポジションは毎日マイナススワップとなり金利を支払う必要があるので、おすすめはしません。



南アフリカランドのインフレ率


 南アフリカのインフレ率はこのようになっています。


 南アフリカのような新興国は、経済が急速に発展することと引き換えに、急激な物価の上昇(インフレ)に悩まされます。


 南アフリカもご覧の通り、年間5%ほどの物価上昇が続いています。

 年5%ほどの物価上昇なら新興国としては理想的なインフレ率ですが、これが年20%のような高インフレ率になってくると、物価の上昇が給料の上昇に追いつかなくなったりして経済発展の障害になります。


 各国政府や中央銀行は、そのような高インフレにならないようにする目的で政策金利を高くします。

 政策金利が高くなると、企業や個人は銀行からお金を借りにくくなり、企業の設備投資や個人の住宅や車のローンが減ります。

 そうすることで、行き過ぎた経済の過熱を抑えることで、インフレ率を下げてコントロールしています。


南アフリカランドが高金利な理由


 冒頭の疑問に戻りますが、南アフリカランドが高金利な理由は、高インフレを抑えるためです。

 よって、南アフリカの経済が発展し続ける限り、インフレ率が高い傾向になるので政策金利も高い状態で推移します。

 南アフリカランドでスワップポイント投資を行う場合は、南アフリカの経済成長率を見ておくと、少し先の金利を予測しやすくおすすめです。



南アフリカランドが上昇するタイミング


上昇要因1:世界経済が好調なとき

 一般的に投資家は、経済が好調なときはより利回りの高い金融商品を求めて、経済が不調なときは安全性の高い金融商品を求めます。

 南アフリカランドはハイリスクハイリターンな金融商品なので、世界経済が活性化しているときは買われて、為替相場も上昇します。

 反対に世界経済が不調になると、より安全な米ドルや日本円に資金を引き上げてしまうので南アフリカランドは売られ、為替相場も下落します。


上昇要因2:ゴールド・プラチナが高騰しているとき

 南アフリカは金(ゴールド)や白金(プラチナ)の産出国です。

 ゴールドは世界8位、プラチナは世界1位の産出量です。

 これらの希少金属の価格が上昇すれば、それを輸出している南アフリカが儲かると考えられ、南アフリカランドが買われます。


 ゴールドやプラチナは、その希少性からかなりの高値で取引されています。

 かつては、希少性と美しさから宝飾品に使われてきましたが、近年ではスマホを始めとした精密機器の材料としての需要も高まっています。

 今後も爆発的に金や白金の埋蔵量が増えることはない中で、需要だけが高まり続けているので、今後さらに値段が上昇していくものと予想されます。


上昇要因3:南アフリカの経済指標が好調なとき

 南アフリカの経済指標が好調なら、当然南アフリカランドが買われます。

 特に、高金利通貨なので政策金利の発表は為替相場に影響を及ぼしやすく、市場の予想に反して利上げを行うときには瞬間的に為替相場が高騰することもあります。

 また、南アフリカ共和国は日本のような終身雇用制度ではないので、国内経済が悪化しだすとすぐに失業率が上昇します。

 政策金利と失業率は特に投資家に意識されている指標なので、他の経済指標以上に値動きを起こします。


上昇要因4:中国経済が好調なとき

 南アフリカは中国と親密な関係を築いています。

 南アフリカが行う貿易は輸出入共に中国相手が一番多いです。


 中国と南アフリカでは経済規模が30倍は違うので、中国経済の良し悪しが南アフリカに与える影響はとても大きなものになります。

 中国経済は近年急激に成長してきただけに未熟であり脆弱性を抱えています。

 欧米諸国に比べると、不動産バブルのような国内経済を揺るがす大問題が年に数回レベルで発生するため、南アフリカランド投資をする場合は中国経済の動向も調べておきましょう。


上昇要因5:政策金利を引き上げたとき

 南アフリカは高金利通貨で、投資家もその高い金利に惹かれて投資をしています。

 利上げを行うことは、単純に南アフリカランドの魅力を高めることになるので、投資家の購入意欲を掻き立てて、南アフリカランド相場が上昇します。

 特に、市場の予想に反して大幅に利上げをしたときなどは大暴騰するので、毎回の政策金利発表時は一獲千金を狙った短期売買が頻繁に行われます。


上層要因6:先進国が金利を引き下げたとき

 南アフリカ自体が金利を据え置いていても、先進国が利下げを行えば、相対的に南アフリカの金利が高くなったように見えます。

 世界各国が利下げをする中で、南アフリカだけが利下げを行わないときは、利上げを行ったときと同様の効果があります。





南アフリカランドの今後の為替相場


 南アフリカランドの今後の為替相場を正確に予測することは誰にも出来ません。

 それでも高金利通貨は、高いインフレ(物価上昇)を抱えているので、徐々に通貨価値を下げていくのが普通です。

 よって、今後の南アフリカランドは緩やかな下落をし続けるものと予想出来ます。


 それでも、通貨価値の下落による為替差損よりも、高金利によって得られるスワップポイントの方が高いので、南アフリカランドは保有しているだけで資産を増やせる通貨です。




南アフリカランド投資のメリット

メリット1:為替相場が安定的

 高金利通貨は、ハイリスクハイリターンな通貨です。

 多くの高金利通貨の相場が乱高下する中で、南アフリカランド相場は比較的安定した値動きをしています。


メリット2:金利が安定的

 スワップポイント投資をする際に最も大切なのは、投資対象の通貨が高金利を維持することです。

 南アフリカランドは、過去20年で最も低い金利でも3.5%です。


 これから南アフリカランド投資をする場合に、5年後10年後もスワップポイントを毎日受け取れる可能性が高いです。


メリット3:アフリカ大陸に投資出来る

 これから経済発展すると言われているアフリカ大陸。

 しかし、アフリカ大陸に投資出来る金融商品の数はあまりなく、FXにおいては南アフリカランドがほぼ唯一のアフリカ大陸の通貨となります。


 アフリカ大陸の総人口は現在約14億人ですが、2050年には24億人へと増加していると言われています。

 10年後20年後にアフリカ大陸が発展している未来を予測する投資家なら、今から南アフリカランドを保有しておくのは有効な手段となるでしょう。



南アフリカランド投資のデメリット

デメリット1:長期的な下落相場

 南アフリカランドは、長期的な下落相場を形成しています。

 しかし、それは南アフリカランドだけに当てはまる事象ではなく、トルコリラやメキシコペソのような高金利通貨は決まって長期的に下落しています。

 ただし、トルコリラと比べるとかなり緩やかな下落を描いているので、現状は通貨の下落率よりも政策金利の方が高く、私たち個人投資家にとって南アフリカランドは保有しているだけで資産を増やしてくれる通貨の一つになっています。


 南アフリカのような経済発展の途上にある国は、毎年のように物価が上昇することで相対的に通貨価値が下がっています。

 裏を返せば、南アフリカ共和国の国内経済が拡大しているとも考えられるので、これからも南アフリカが成長すると予測するのなら、長期的な下落相場を想定しておくと良いでしょう。


デメリット2:広いスプレッド

 FXにおいてスプレッドは、実質的な手数料の役割を果たしています。

 南アフリカランド/円のスプレッドは業者によってまちまちですが、およそ0.8円です。


 南アフリカランド/円の為替相場を1ランド8.0円と仮定すると、売買する度に1%の手数料を取られている計算になります。

 同じ計算をドル/円に行うと手数料は0.1%であり、南アフリカランドは米ドルより10倍も手数料が高い計算になります。


 このことから、デイトレードやスキャルピングのような短期売買を南アフリカランドで行ってしまうと、かなりの確率で手数料負けを起こしてしまうので、南アフリカランドは短期売買よりも長期投資に向いている投資商品と言えるでしょう。


デメリット3:高いカントリーリスク

 南アフリカ共和国は、日本のような成熟した国に比べて法律や行政などが国内に行き届いていないのが現状です。

 南アフリカが現在抱えている問題は『モノカルチャー経済』、『エイズ感染者数』、『教育レベル』、『失業率』、『犯罪率』、『電力不足』、『ストライキ』の7つがあります。

 例えば、南アフリカにとって貴重な外貨獲得の手段になっている金やプラチナが採れる鉱山では、電力不足とストライキが頻発することで、労働力を100%使えていません。




デメリット4:慢性的な経常赤字

 南アフリカ共和国は慢性的な経常赤字が続いています。

 経常赤字を家計に例えると、毎月の給料による収入よりも支出の方が多い状態で、これが10年以上続いていることを考えると、南アフリカの財政がひっ迫しているのが分かります。


 過去には、このような慢性的な赤字を材料に、機関投資家から南アフリカランド売りを仕掛けられて為替相場が暴落したこともあり、赤字体質から脱却しない限りは再び機関投資家の鴨にされる可能性が高いです。


デメリット5:鈍化する成長率

 経済成長していると思われているアフリカ大陸ですが、その中でも南アフリカは早い段階から経済発展したこともあり、近年ではその成長率が鈍化しています。

 近年の南アフリカ共和国の経済成長率はおよそ1%で、これは衰退期に入っている今の日本と同じ値です。

 世界経済全体は毎年2%程度の成長を続けているので、南アフリカ共和国は世界から取り残されていると表現することも出来るでしょう。



まとめ:新興国通貨は高金利になりやすい


 南アフリカランドの高金利は、高い経済成長率により高インフレとなっていることが原因です。

 通常、高インフレを抑える最も簡単で効果的なのが政策金利の引き上げだからです。

 その根拠として、実際に高インフレに低金利政策を行ったトルコリラは、政府や中央銀行の制御不能なほど高インフレになっており、ハイパーインフレ一歩手前な状態が続いています。


 大統領が交代したり、世界経済に大きな出来事が起こらない限りは、これから先も南アフリカランドのスワップポイント投資は有望な投資手法であると考えています。

 その他のスワップポイント投資に関する記事を『【まとめ】スワップポイント投資のコツ【メキシコペソ・南アフリカ・トルコリラ】』にまとめています。ぜひ他の記事もご覧ください。