りんご農業は儲かる


 りんご農業は労働生産性が低いですが、やり方次第では儲かります。

 この記事では、りんご農業の平均年収や初期費用、メリット・デメリット、さらに儲けるコツを解説します。



りんご農業の年収


 りんご農業の平均年収は250万円です。

 副業として50~60a(アール)程度の狭い敷地でりんご栽培を行っている農家の年収は100万円以下になることもありますが、2~3ha(ヘクタール)の広大な土地でりんご栽培を行っている人は会社員以上の年収を得ています。

 りんご栽培だけで生活をしていくことを考えるのなら、広い畑が必要になります。



りんご農業の初期費用


 りんご農業の初期費用は300万円です。

 効率化を考えるのなら大規模な土地で機械を導入していくことが求められますが、そうなると初期費用が1000万円以上になるのが普通です。



りんご農業のメリット


メリット1:ブランド品種が多い

 りんごはブランド化が進んでいる作物です。

 "ふじ"、"つがる"、"王林"といった品種が人気で生産量も多いですが、"シナノゴールド"や"さんフジ"、"名月"のような甘みの強い品種も根強い人気があります。


メリット2:高齢化と後継者不足

 りんご農業は、他の農業と同じように高齢化の波が押し寄せています。

 りんご農家の平均年齢は60代前半で、この先さらに上がり続けていくと考えられます。


メリット3:高い需要

 りんごは、バナナに次いで日本で二番目に食べられている果物です。

 安さや手軽さがりんごの人気を後押ししています。

 需要量と供給量の多い作物の方が、価格の変動が起こりにくく安定して稼げますし、5年後10年後に市場が消滅することもありません。


メリット4:手間がかからない

 りんご栽培は手間があまりかかりません。

 『ぶどう栽培』なら果実を袋掛けして害虫から守らなければなりませんが、りんごは袋掛けをした方が安全ですがしなくても栽培可能です。

 また、『メロン』のように重たくないので、収穫から出荷までの作業も体力的に楽です。


メリット5:所得率が高い

 りんご農業の所得率は43%です。

 果樹農業は、野菜農業に比べて所得率が高めで平均は20~30%です。

 そんな中でりんご農業の所得率はさらに高い43%もあり、100万円分のりんごを出荷すると43万円が手元に残る計算になります。


メリット6:初期費用が安い

 りんご農業には、大型機械やハウスが必要ないので初期費用を300万円程度に抑えられます。


 果物の中でも人気のある『いちご農業』を行う場合は、ハウスを2~3棟建てるだけでも1000万~2000万円もの建設費用が必要です。

 300万円なら無借金で始められる人もいるでしょうが、1000万円以上の初期投資を貯金だけで払える人はほとんどいないでしょう。


りんご農業のデメリット


デメリット1:機械化が難しい

 りんご農業は機械化することで労働力を抑えることが出来ます。

 しかし、日本のりんご農地は山間部の斜面に作られることが多く、土地もまばらに散らばっていることもあるので、機械化との相性が悪いです。


 もし、将来的に機械化を検討しているのなら、最初から広く平坦な土地を探すと良いでしょう。


デメリット2:労働生産性が低い

 りんご農業は労働生産性が低いことが問題となっています。

 その労働の時給換算は時給750円ほどとなっており、特に労働生産性を意識せず仕事をしているりんご農家は、さらに低い傾向にあります。


 例えば、りんごの品種を増やして収入が少し増えたとしても、それ以上に労働時間が増えてしまい、より生活が苦しくなることもありえます。


デメリット3:寒冷な気候を好む

 りんごは寒冷な気候を好む植物です。

 栽培に適した気温は6~14℃で、その耐寒性はマイナス30℃前後でも枯れずに耐えられるほどです。

 しかし、暑さには弱く日本のほとんどの地域では栽培が出来ません。


デメリット4:無収入期間がある

 りんごの果実は、種を撒いてから5年後に収穫が可能になります。

 つまり、これからりんご農業を始めようとしても、最低5年間は無収入で過ごさなければなりません。


 収穫が出来るようになるまでは、『他の作物』を栽培して稼いだり、アルバイトをしたりと収入源を用意することが必須です。


デメリット5:連作障害に弱い

 連作障害と聞くと野菜をイメージしがちですが、りんごも連作障害が起こります。

 そうならないために、数年間畑を休ませてから次の苗を植えると良いです。

 そのためには、広大な土地が必要となるので、出来るだけ土地の安い場所で経営するのが良いでしょう。



りんご農業のコツ


コツ1:1ha以上の畑

 りんご農業で年収300万円以上になるには、1ha(ヘクタール)以上の畑が必要です。

 りんごの専業農家の多い青森県のリンゴ農家が所有している畑の面積は平均1.1ha(ヘクタール)で、ちょうど年収300万円前後になる計算です。


コツ2:機械化

 機械化の難しいりんご農業ですが、機械化をすることでさらに効率的に稼ぐことが出来ます。

 しかし、りんご農家のうち1/3の農家は傾斜地にりんご農園を持っており、機械化の余地がありません。

 これからりんご農家になる場合は、将来的な機械化を視野に土地を探すのがおすすめです。


コツ3:青森県

 りんごの都道府県別出荷量はこのようになっています。

都道府県別りんごの生産量
1位:青森県(58.4%)
2位:長野県(18.2%)
3位:岩手県(6.5%)
4位:山形県(5.8%)
5位:福島県(3.3%)


 日本で生産されるりんごのうち半分以上が青森県で作られています。

 青森県もりんごの生産に力を入れており、JAの出荷体制が整っていたり、ノウハウも蓄積されています。

 例えば、"CA貯蔵施設"というりんごを貯蔵するための施設がありますが、そこにりんごを貯蔵することで3~4ヶ月も出荷を遅らせることが出来ます。

 品種によって生産時期を少しずらしつつ、貯蔵施設で出荷時期を遅らせることで、一年を通して安定的な出荷が実現しています。


コツ4:りんご狩り

 日本人が大好きなアクティビティの一つに果物狩りがあります。

 もちろん、"りんご狩り"も人気があり、8月から12月頃には各地の農園でりんご狩りが行われています。


 りんご狩りの相場は食べ放題で一人700円なので、三人家族なら2100円の売り上げになります。

 また、面倒な収穫作業を客が行ってくれるので、経営方法によっては労働力の軽減になることもあります。



まとめ:りんご農業は土地選びが重要


 りんご農業で儲けるためには、まずは日本一の生産を誇る青森県に移住することがおすすめです。

 青森県は山がちな地形のため、農業に適した平坦な土地を見つけるのは難しいですが、土地選びは後で変更することは出来ないので、時間を掛けてでも良い土地を見つけたいところです。


 当サイトでは『他の農業』も多数紹介しています。是非、御覧ください。